会社のカラオケでウンザリしたこと「女性はキャバ嬢要員」「郷ひろみのジャケットプレイを強要」

会社のカラオケでウンザリしたことはありますか?

会社のカラオケでウンザリしたことはありますか?

職場の人との付き合いで不快な行事に「飲み会」を挙げる人は少なくないが、中には「カラオケ」が苦痛だという人もいる。歌の好みを上司や先輩を見て決めたり、聞きたくもない歌に手拍子をしたりと、気持ちが重くなる。

キャリコネニュース読者から寄せられた、「カラオケにいるウザい上司」エピソードを紹介する。販売・サービス業で働く女性は、「上司が歌を聞かずに話ばかりしている」という。

「上司が望んでカラオケに来たのに、話がしたければカラオケじゃなくていいと思いますよ」

ごもっともな指摘だ。さらに女性の会社では、カラオケ採点大好きな会長が最高得点をとるまで、誰も帰れないルールがある。わざと点数を下げないと会長の機嫌を損ねるほか、帰宅できないのでまったく楽しめない。

「YAHYAHYAH」を大合唱した翌朝、呼び出されて説教