起きるのつらい!早朝から働く人の口コミ「朝5時から出勤することもあるので体調的にはおすすめしない」(20代ホテルスタッフ)

ホテル業界では、日勤と夜勤の2パターン以外のシフトを採用する職場もあり、早朝出勤を伴うことがあるようだ。

「シフト制の場所だと、朝5時からの早朝出勤などがあるため、体調的な面ではあまりお勧めはしません」(ホテルスタッフ/20代前半/女性/契約社員/年収250万円)

また、店舗販売の人からも身支度の時間削減に苦労する声があった。24時間営業のコンビニなどは想像しやすい。

「早朝勤務のためメイクの所要時間も含めると、すごく早起きしなければならない。慣れるまでは大変でした」(ショップスタッフ/20代後半/女性/契約社員/年収340万円)

このほか、営業職の人々からは

「飲食店のお客様が多いため、サンプルの設置を夜間や早朝に行うことが多い。ただそれも全額残業代が支給される訳ではなく、上司の裁量で行われるのでとても不満があった」(法人営業/20代後半/女性/正社員/年収320万円)
「就業時間中は『基本客先へ営業しろ』との方針のため、どうしても夕方頃からの事務作業となります。また残業も8時には完全帰宅のため、早朝のサービス出勤で作成するしかありません」(法人営業/20代後半/男性/正社員/年収270万円)

という声が寄せられた。取引先の営業時間の関係で、早朝出勤に転じるケースもあるようだ。また、就業時間内に作業時間を確保できず、昨今の働き方改革の推進から長時間残業もできなくなると、結局はサービス残業ならぬ”サービス早朝出勤”が増えるだろう。

「自社便化を進めていますが、配達は1日2便あるため、場合により早朝勤務があります。大変になることもあり、家族の協力が必要です」(物流サービス/30代後半/男性/正社員/年収480万円)

物流や運輸業界からの声も多かった。ネットサービスが主流の現代において、その配送を一手に担うのがこうした業界。注文に応じて動かないといけないため、早朝出勤がやむを得ないないのが実情なよう。配送者本人さけでなく、その家族にも相当な負担がかかるだろう。【参照元:キャリコネ】