ホワイト企業勤めの実態「離職率ほぼゼロだけど給料が安い」「五輪休暇がある。残業ほとんどない」

ホワイト企業では人間関係も良好だ

ホワイト企業では人間関係も良好だ

ホワイト企業かどうかを判断する目安として、高い給与、休みの取りやすさ、勤務時間の長さや人間関係の良さなどが挙げられる。

ホワイト企業に勤務する人から、勤め先のどのようなところがホワイトだと感じるかを聞くと「有休の理由を聞かれない」(20代男性)という。本来、有休取得に理由は不要ではあるが、理由を述べさせる企業もあるのも事実だ。

ただ男性は、現職について「給料が安い」とも明かす。他にも、キャリコネニュース読者から寄せられたホワイト企業に勤めている人のリアルを紹介する。(文:林加奈)

「月の残業は多くて10時間あるかないか」