コロナショックで大リストラ時代に突入? 「完全失業率が2~3割にのぼる恐れも」と識者

新型コロナの影響ですでに雇止めに遭った契約社員もいる

新型コロナの影響ですでに雇止めに遭った契約社員もいる

東京商工リサーチの調査では、2019年の倒産件数は8383件で前年より増加。人手不足による倒産が多いというが、今後は新型コロナウイルスで経営が立ち行かなくなる企業がますます増えていくと思われる。そして、人手不足時代から一転して大リストラ時代に突入する可能性もあるという。

さらに、新型コロナウィルスが猛威を振るっていることを鑑みると、3月21日放送の「田村淳の訊きたい放題!」(MX系)では、「冷え込む消費に新型このコロナウイルスが追い打ち 2020年は企業倒産ラッシュ元年か?」という特集が組まれ、ジャーナリストの町田徹氏が今後の日本の雇用状況について分析した。(文:石川祐介)

経営者は「非正規労働者は景気や業績が悪くなったら『切って良い』と思っている」