10万円給付の使い道に”格差”「コロナ後に高級料亭」「シャンパン」 苦境にある人からは「借金返済」「生活費の補填」の声

画像はイメージ

画像はイメージ

新型コロナウイルス感染拡大を受け、政府は現金10万円の一律配布を実施する。早い自治体で5月1日から配布するが、”使い道格差”も生まれそうだ。キャリコネニュース読者に使い道を聞くと、

「減給されると住宅ローンが心配だけど、コロナが終息してから今まで行きたかった高級料亭やワンランク上の旅行に行くなどしたい」(パート・アルバイト/50代女性)
「減収世帯ではないので、頂いたお金はお互いお小遣いとして、何か好きなことに使うことになりました。10万円は全て趣味に使い切る予定です」(正社員/40代女性)

という声が寄せられた。「シャンパン」(正社員/50代男性)、「マッサージ機、iPhone SE」(正社員/30代男性)など欲しいものを買う人のほか、「スマホを買いました。在宅勤務で現金を遣う機会がなくネットで日本酒を買い込んで仕舞います」(正社員/60代男性)という人もいる。

また「お取り寄せグルメ」(正社員/30代男性)、「消費のためのお金なので貯蓄には絶対に回さず、近くの飲食店等に使いたい」(正社員/30代女性)といった声も寄せられた。

「自宅待機で時給の60%しかもらえないため生活がきつい」