「学歴は冴えなくても、大手に滑り込む余地は十分ある」 人気企業で働く女性の経験談

30代女性が感じた、学歴格差

30代女性が感じた、学歴格差

自身の社会経験を通して、学歴の必要性を主張する人は少なくない。キャリコネニュース読者からは、

「貧乏は一生ついて回らないけれど、学歴は一生ついて回る!自分の生きた時代背景を顧みると、偏差値の高い4年制大学卒が高学歴の目安」(茨城県/短大卒60代女性/金融・保険系)
「ジュエリー関係の仕事をしていますが、学歴の有無で信用度が違います。ちなみに私は、東京藝術大学大学院修了です。大学卒であれば高学歴だと思います」(神奈川県/50代女性/個人事業主)
「就活で線引きがあるため学歴は必要。今は有名大卒が当たり前。面接の際、都内の私立中卒か否かまで聞かれる時代なので」(茨城県/大卒50代女性/金融・保険系)

といった経験談が寄せられている。東京都の専門コンサル系企業に勤務する、大卒の30代女性もその一人だ。(文:鹿賀大資)

「学歴は冴えなくても、大手に滑り込む余地は十分ある」