「コロナ禍でも研修合宿を強行」「時差出勤はサボりたい人のもの」会社の信じられない対応

ダメ上司に失望、コロナ退職を決意

ダメ上司に失望、コロナ退職を決意

再び新型コロナウイルスの猛威が、ぶり返しつつある。第一波の時期には、多くの人を苦しめた経緯もあるため、さらなる警戒が必要だ。そうしたなか、感染リスクに対する意識が低いも会社も少なくない。そのことで退職を決意したキャリコネニュース読者からは、

「緊急事態宣言中でも出勤させられた。社員を大事にしない姿勢に疑問や不信感が募った」(40代女性/奈良県/サービス系)
「コロナで会社から自宅待機の指示が出たにも関わらず、現場への出社を仄めかす暗黙の雰囲気があった。『在宅勤務は時間無制限』という圧力をかけられ、パワハラとしか思えない上司の発言にもやられた」(40代男性/東京都/サービス系)

といった声が寄せられている。今回は2人の投稿を紹介する。(文:鹿賀大資)

コロナ渦に新入社員研修「3カ月間、2人一部屋に缶詰状態」