「ゾンビが出たらホームセンターに籠城」は本当に有効なのか

先日、5ちゃんねるで「ゾンビ現れたらホームセンターに籠城おじさん『ホームセンターが一番いいぞ』」というスレッドを発見した。面白い声もあるため、いくつか紹介していきたい。

「籠城はともかく色々役立ちそうなものはありそうやね」
「資材や棚でバリケード。固定するロープや針金。ガラスには即席鉄格子」
「籠城するやつはニワカ。玄人は食糧と武器手に入れたらバイクで速攻立ち去る」

と、このようにホームセンターについては賛否両論だ。そういえば先日行ったホームセンターでは、下草を枯らすためなのか、火炎放射器と、それからチェーンソーも販売していた。こういったものも武器として使いたいと思って、ホームセンターに逃げ込む人もいるんじゃないかなぁ。

あと、食料品も多くストックされてるし……あ、でも映画とかだと大体備蓄倉庫にゾンビが既に入り込んでるんだっけ?

メタ的に言えば、ホームセンターはいずれゾンビの大群に包囲されるのが弱点

ところで僕の個人的な考えなんだけど、ホームセンターにしてもショッピングモールにしても、いつかはゾンビに包囲されてしまうのが気にかかるところ。古今東西の映画やゲームを振り返ると、序盤は鉄壁の要塞と感じるほど安心できる環境を構築できても、どこかで抜け穴が生じているもの。それに、外からの略奪者が襲撃を仕掛けてきて、なし崩しに三つ巴の戦いになってしまう(大体このときに、序盤から生き残りを率いてきた良識派のおじいさんが死ぬ)。

これがゾンビでなくたって話は一緒だ。スティーブン・キングの小説『霧』をフランク・ダラボンが映画化した『ミスト』は日本でもファンが多い。あれだって序盤から終盤にかけて、ショッピングモール(販売品的にも店舗規模的にも、日本のホームセンターにも近しい)で籠城するが、やっぱり化け物に包囲されてしまった。

これまで描かれてきたゾンビ作品やその他のホラー作品の大半において、ホームセンターは盤石ではないのだ。だからもし、もしも本当にゾンビが出たとして、意外とオカルト作品に造詣が深い人ほど「ホームセンターは……やめとくか」ってなって別の場所に逃げるような気がする。

たとえば、銃砲店とかに立ち寄って武器を持ち出してから、身一つ。バイクとかに乗って人口密集地を避けて山奥に逃げるとかね。

それにもし、今この瞬間にゾンビが大発生したら……。それこそ今は新型コロナウィルス対策で終日ドアを開けっぱなしにしている店舗も多い。余計にゾンビ襲来に対しては脆弱なことだろう。入口に消毒液があるので、怪我したときには便利かもしれないけど。

ゾンビが出たら、すぐに過疎地に逃げる! これなら大量のゾンビに襲われることはない。せいぜい『サイレン』の屍人に遭遇するぐらいの頻度で済むはずだ。