「説明時にマスクを外させられた」「緊急事態宣言でも毎日呼びつける」 国家公務員の9割が「国会議員に配慮を感じない」と回答

議員対応に追われる国家公務員の労働環境が浮き彫りになった

議員対応に追われる国家公務員の労働環境が浮き彫りになった

ワーク・ライフバランスは8月4日、「コロナ禍における政府・省庁の働き方」に関する調査結果を発表した。調査は6~7月にネット上で実施し、20代以上の国家公務員480人から回答を得た。

「3~5月で最も忙しかった月の残業時間」を聞くと、約4割が「100時間超」と答えた。内訳は「100~149時間」(119人)、「150~199時間」(32人)、「200~249時間」(15人)、「250~299時間」(5人)、「300時間以上」(5人)。省庁別にみると、最多が「厚生労働省」で、次いで「文部科学省」「経済産業省」などが続いた。

「メールで議員事務所に送った同じ資料をFAXで再度送るように言われた」