理想の働き方は「週4日勤務」が多数 「通勤時間などを入れたら7時間勤務では家事ができない」

理想の働き方は?

理想の働き方は?

2019年に始まった働き方改革、新型コロナウイルスに伴う働き方の多様化などが重なり、有休取得や残業時間、さらには働く場所に変化が起きている。とは言え、業務量に関する不満は完全に解消されたと言えるだろうか。

現場で働く人にとっての理想のシフトが気になるところだ。キャリコネニュース読者に理想の勤務体系を聞いたところ、具体的な日数や時間の希望が寄せられている。(文:鹿賀大資)

「休みと出勤のバランスが丁度いい月火と木金で働きたい」