世帯年収300万円台の人々の声「地方ではどこで働いてもそんなに稼げない」「カードの明細書を見るのが怖い」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

世帯年収300万円台の人々の声「地方ではどこで働いてもそんなに稼げない」「カードの明細書を見るのが怖い」

「生活は厳しい」と嘆く声

「生活は厳しい」と嘆く声

子どもを抱える年収300万円台の世帯は、家計のやりくりに苦戦する人が少なくないようだ。鳥取県在住の30代既婚男性夫婦は、子ども2人を持つ4人家族で世帯年収300万円。キャリコネニュースに「地方はどこで働いても、そんなに稼げない。生活をするだけで精一杯。子どもにさせたい教育も、この収入ではなかなか難しい」という声を寄せている。

では、年収300万円台の独身者はどうなのか。大分県の40代独身男性(流通・小売系/年収300万円)は、

「地方で働いています。やっと基本給が上がったかと思ったら、今度は消費税の増税です。これではワーキングプアから抜け出せません」

と嘆く。20代独身男性(IT・通信系/年収330万円)は都内で1人暮らしをしているが、「普通の生活を送れている気がしない」という。(文:鹿賀大資)

「結婚して家庭を持ったら、破綻する未来しか見えません」

男性は現在、家賃3万7000円の社員寮で暮らしている。おかげで都内の家賃相場ではリーズナブルな方だ。しかし男性は奨学金も返済中のため「なかなかお金が貯まりません」と将来への不安を拭えずにいる。

「今は会社に安い家賃で住ませてもらっていますが、その期間にも限度があります。期間満了後は普通の部屋を借りることになりますが、周辺の家賃相場は約7万円くらいです。仮に結婚して家庭を持っても、破綻する未来しか見えません」

税金を増やす政策に走りがちな国に対し、男性は「もっと国民が消費しやすい世の中を作ってもらいたいです」と訴えている。

「カード払いの明細書を見るのが怖い。買い物でもとにかく値段を気にしています」

同じく都内在住の40代女性は、家族3人で実家に身を寄せているが「生活は厳しい」という。現在の世帯年収は350万円で、子ども1人を養っている。また収入源はほぼ夫で、女性は子どものPTAの役員があるため月1万円程度の内職をしているという。

「実家と言っても空き家で、親に周辺の家賃相場以下の金額を払って住ませてもらっています。本当は私も働きたいのですが、PTAの任期が終わるまでは難しいです。毎月のカード払いの明細書を見るのが怖いし、買い物に行ってもとにかく値段を気にしています」

もどかしい状況に対する不満の矛先は、夫に向けられている。夫の仕事は休みが不定期なうえに、拘束時間も長いという。それにもかかわらず、夫の稼ぎが平均世帯年収に遠く及ばないことから、女性は怒りを募らせた。

「夫の収入は、きっと周りの家庭の中で最低だと思います。それに自分が働きに出ても、やっと平均年収に届くかどうかです。この先も、こんな生活なのかと思ったら憂鬱でたまりません」

女性は「『将来に明るい未来などない』と考えると悲しくなります。本当にこんな人と結婚した自分を責めてしまいます」と書いている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」「職場の忘年会ありますか?」に関するアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収1000万超の暮らし「レクサスは現金で一括購入」
年収800万円でも“子ども部屋おじさん”の40代男性
年収300万円の50代独身女性の叫び「政治家は底辺の生活を知らない」

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ