ボーナスが5万円だった保育士女性「これじゃ、やる気なくします」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

ボーナスが5万円だった保育士女性「これじゃ、やる気なくします」

やる気が削がれていきます

夏のボーナスシーズン。昨年から金額がアップしてウハウハな人も、下がってしまい落胆している人もいるだろう。コロナ禍によって、経済的な影響を受けた業界も多数ある。キャリコネニュースが実施した「夏のボーナス」に関するアンケートには、さまざまな声が寄せられている。(文:コティマム)

「200万円。コロナの影響はほぼないため金額の変化なし」

東京都の30代男性(ITエンジニア/正社員/年収1100万円)の今夏ボーナスは200万円。昨年と金額は変わっていない。

「リモートワークで業務が進められ、コロナの影響はほぼない。景気の波が遅れてくるため、来年、再来年のボーナスに影響があると考えている」

建築資材を製造する職場に勤務する富山県の40代男性(正社員/年収800万円)は、夏のボーナスについて「昨年同様150万円」と明かす。「建築業界はまだコロナによる景気の悪影響を受けていない」と綴る。

「公共工事・住宅マンションの建設ともに、コロナ関係なし。影響するならばコロナ後かもしれない」

「昨年から130万円もボーナスがアップした」と語るのは、東京都の40代男性(その他/正社員/年収1400万円)だ。

「昨年の冬180万円だったボーナスが、今夏310万円。増えた理由は、コロナによる業績悪化からの回復。また自身の評価が向上したから」

このご時世でボーナスが310万円も出るのは心底うらやましいが、男性は「仕事の責任上、対価としては妥当」と考えている。またせっかく高いボーナスを受け取っても「税金が取られすぎ」といい、不満があるようだ。

保育士の30代女性「5万円。これじゃ、やる気なくします」

高額なボーナスを受け取れる人がいる一方で、微々たる額にげんなりしている人も。

保育士として働く東京都の30代女性(正社員/年収350万円)のボーナス額は5万円だ。

「保育園だから企業としての利益は限られるけど、これじゃあねぇ……。増えてもなく、減ってもいないけど、夏にこれじゃ、やる気なくします」

事務職の東京都の40代女性(正社員/年収350万円)は、「不況に関係なく毎年下がって、昨年は9万円、今年7万円。ボーナスの額じゃないですね」と語る。

「巣ごもり消費で好況だったはずなのに、一切反映されません。上層部が余分に搾取しているのでしょう……逆にやる気が削がれていきます」

「ボーナスが0円だった」と明かしたのは、東京都の40代男性(その他/正社員/年収400万円)。

「昨年は8万円で今年は0円。ここ3~4年は0円か数万円が続いている。会社の業績が一向に改善せず、経営層も『目標に向けて頑張れ』というだけで、具体的な対策や方向性を出せていない」

男性はローンが残っているため、「食費や交遊費を切り詰めてどうにかしているが、貯蓄がまったくできないので老後は不安しかない」と将来が気がかりなようだ。

※キャリコネニュースでは引き続き「夏のボーナスいくらですか?」のほか職場で起きた窃盗事件共働き・片働きの不満などのアンケートを実施しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ