結婚後収入が半減、手取り17万円になった女性「ブランドもののアクセサリーや鞄も買わなくなった」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

結婚後収入が半減、手取り17万円になった女性「ブランドもののアクセサリーや鞄も買わなくなった」

画像イメージ

画像イメージ

結婚を機に生活が一変する人もいる。サービス系の会社で働く30代後半の女性(愛知県/正社員/既婚)は、

「残業ゼロで約16万円、残業代込みで大体手取り17~18万円前後です。現在子なしの共働き、夫の社宅で2人暮らしで家賃や養育費がかからないため、そこまで苦しい生活ではないと思います。結婚のタイミングで引越しして転職し、今の仕事に就きました。結婚前は営業で倍くらい収入があったので、少し物足りなさは感じています」

と、現在の生活感を語り始めた。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「子どもができたら一気に切り詰める必要が出てくる」

転職により収入が減ったことで、女性は独身時代に楽しんでいた“ちょっとした贅沢”を控えるようになった。

「美容院に行く回数を減らしたり、前はブランドもののアクセサリーや鞄を自分へのご褒美にちょくちょく買っていたのを買わなくなりました。外食の回数も減りましたが、貯金額は以前より減っています」

共働きとはいえ、女性の年収が以前の半分になっていることを考えると仕方がない。むしろ、「贅沢を少し控えるだけで済んでいる」といえるかもしれない。女性は、

「今は夫婦2人なのでいいですが、子どもができたら一気に切り詰める必要が出てくると思うので、なかなか子どもづくりに積極的になれません。ただ、そんなこんなでグズグズしていたらもう40手前なので、少し焦り始めてもいます」

と複雑な胸中を吐露。仕事とのバランスを取りながら、結婚に出産といったライフプランを立てるのは本当に難しいことだ。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ