夏のボーナス、会社の業績は悪くてもアップした男性 「70万円から90万円に。個人として活躍して評価された」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

夏のボーナス、会社の業績は悪くてもアップした男性 「70万円から90万円に。個人として活躍して評価された」

努力をすることが大事!

努力をすることが大事!

この時期になると、新聞やニュースでも大きく取り上げられるのが夏のボーナスだが、引き続き新型コロナの影響は大きく、企業によって明暗が別れた(文:中島雄太)

「昨年と比べ、若干減った」と語るのは埼玉県の40代男性エンジニア(年収500万円)。昨年50万円だったボーナスも45万円に下がってしまった。自動車用品の小売店に勤務しており、「コロナ禍で客数は確実に減少し、明らかに自社の業績は低迷している」と嘆く。

「この環境下でも、減らされなかっただけありがたいです」

その一方で、男性が働く車検サービス部門のほうは非常に忙しいという。

「自動車メーカーの新車工場における生産が滞っていることもあり、乗り換えができずに車検需要は増えて忙しくなりました」

男性の予測では今後、「巣篭もりで節約したお金でナビやドライブレコーダー、運転アシスト機能などの引き合いが増える」。それにより業績も持ち直すと見ており、今年下がってしまったボーナスも、来年は上がるとの期待を語った。

ボーナスが昨年と変わらなかった人もいる。神奈川県の30代男性(ITエンジニアエンジニア/年収850万円)は、昨年と同じ90万円支給された。「業績もあまり変化がなく、業界的には売り手市場が続いており、今後も大きな変動はなさそうです」と将来を見据えた。

愛知県の30代女性(事務員/年収600万円)も、昨年と同じ85万円だった。「額面はあまり変わりませんが、税金が増えました」と嘆く。ただ、今のところローンなどを組んでおらず、生活が苦しいといったことはない。「この環境下でも、減らされなかっただけありがたいです」と納得しているようだ。

会社の業績は下がっていても「努力をすることが大事」

一方でボーナスが増えた、という人も。栃木県の30代男性(エンジニア/年収650万円)は、「会社自体の業績は落ち込んでいるが、個人の査定は良かった」と回答。昨年70万円だったボーナスが今年は90万円に増額した。

具体的には、「部門をまたいで 複数人の新入社員教育の取りまとめ、工数の削減をしたり、グループ内に知識共有したり、ノウハウ蓄積に貢献した」ことが評価されたという。

「コロナで業績は下がっても個人として活躍すれば、あまり影響がないこともわかった」

男性は、ボーナスの金額に一喜一憂せず、「努力をすることが大事」だと語った。

※アンケート概要
■実施期間
2021年6月11日~
■回答数
230 ※2021年7月19日時点
(記事では、2021年6月29日から7月16日に寄せられた投稿を紹介)
■アンケート対象
キャリコネメルマガ会員(63万人)やキャリコネニュース読者、キャリコネニュースSNSフォロワー
■実施方法
アンケート集計ツール「クエスタント」を使用
回答ページ https://questant.jp/q/FTM0IVVB
■質問項目
・夏のボーナスは昨年と比較してどうでしたか?支給額(額面)を教えてください
・ボーナスが増えた/減った理由、またそれに対して思うことや、困っていることを詳細にご記入ください(50字以上)

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ