手取り15万円以下の30代女性「高校のジャージを寝間着に。Tシャツも少し破れたら縫ってまた着ます」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

手取り15万円以下の30代女性「高校のジャージを寝間着に。Tシャツも少し破れたら縫ってまた着ます」

 
イメージ画像

画像はイメージ

福井県に住む30代前半の独身女性(流通・小売系/正社員)は、手取り月14万8000円で一人暮らしをしている。地方在住ではあるものの、女性はカツカツの生活を強いられているようだ。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「もろもろ引かれたら月2~3万円しか残りません」

「今の手取り額だったら、地方の安い賃貸で一人暮らしが限界です」と語る女性。現在の生活感について、次のように書いていた。

「田舎なので自家用車は必須だし、ガソリン代、車の維持費、自動車保険も必然的にかかってきます。家族には頼れないので、生命保険もある程度のモノに入らなきゃ不安だし、もろもろ引かれたら月2~3万円しか残りません」

「服もろくに買えないので、ある程度(長く)着れるように、基本買うのはTシャツです。少し破れたら縫ってまた着ます。パジャマは高校ジャージです」

厳しすぎる家計状況を前に「将来なんて不安しかないので、考えるのをやめました」と諦念を語る女性。最後にこう綴っていた。

「個人的に、れいわ新選組が掲げるくらいの政策が現実になったら、お金貯めて、壁が薄くない家に引っ越そうと思ってます」

女性が”壁の厚い家”に引っ越せる日は来るのだろうか。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ