手取り18.3万円の30代女性 「地方で30代以降の正社員採用などない。急な出費があればすぐ赤字」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

手取り18.3万円の30代女性 「地方で30代以降の正社員採用などない。急な出費があればすぐ赤字」

画像はイメージ

契約社員のキャリコネニュース読者から、手取りの少なさを嘆く声が多数寄せられている。

「正直、大学時代の仕送りもらってアルバイトをしていた頃のほうが稼いでいた」

こう語るのは、IT・通信系企業の契約社員で30代後半の女性(栃木県/未婚)だ。女性は現在、手取り14万5000円、年収およそ200万円で生活しているという。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「生活費を差し引くとまず余裕はなく、結局積立から取り崩して赤字が続く」

女性は、「田舎なので家賃は安いが、車の維持費がかかる。ガソリン代も上がっていてキツい」とこぼす。

「生活がまったくできないわけではないが、急な出費があればすぐに月の収支は赤字転落だし、貯金がほとんどできないのでこれが何年も続くと思うと気が重い」

北海道に住む別の30代後半の女性(流通・小売系/未婚)も、契約社員として働いている。女性は手取り18万3000円、年収およそ200万円。地方政令指定都市のアパートで1人暮らしをしており、

「毎月2万円を定期で積み立てているが、家賃などの生活費を差し引くとまず余裕はなく、結局積立から取り崩して赤字が続く。例えば病気、ご祝儀のほか、配信ライブなど1万円未満の娯楽を楽しもうと思うと絶対に貯金はできない」

と悩みを打ち明けた。さらに、契約社員の給与事情や転職活動についても切実に綴る。

「仕事は契約社員で年俸制。コロナ禍で業績が悪化し、業績給などは以前の3分の1。もともと(年)5~6万円程度なのでほとんどないようなもの。転職活動も行っているが、地方で30代以降の正社員採用などあるわけなく、現状を手放すとさらに収入は悪化する見込み。手立てがない」

30代以降の正社員採用がまったく無いかどうかは不明だが、少なくとも女性の周囲には見当たらないようだ。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ