手取り16.6万円の30代男性「インターネット回線を解約しました。20万円くらい手取りがあれば……」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

手取り16.6万円の30代男性「インターネット回線を解約しました。20万円くらい手取りがあれば……」

画像はイメージ

「手取り16万6000円。手取り額が少なく、交際費や食費、病気など突発的な支出に不安を抱えながら生活しています。固定費を見直してインターネット回線を解約しました。20万円くらい手取りがあれば、奨学金も余裕を持って返せると思っています」

こう語るのは、サービス系の会社で契約社員をしている30代前半の男性(埼玉県/未婚/年収250万円)だ。やはり手取り20万円以下の暮らしはキツイものなのか。ほかのキャリコネニュース読者の声も見てみよう。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

年収200万円20代男性「最小限の生活を心がけています」

IT・通信系の会社で働く20代後半の男性(東京都/正社員/未婚)は手取り16万5000円で年収およそ200万円。男性は現在の生活感について、次のように明かす。

「手取りから家賃や光熱費などが差し引かれると10万円残らない状態です。そこから貯金して食費を出していますが、コロナもあいまって遊びに行けていないのでお金は2~3万円ほど余っています。余った分は貯金にまわして最小限の生活を心がけています」

自身の手取りの範囲内でうまくやりくりし、貯蓄までしているしっかり者の男性。ただ、趣味や遊びにお金を使えば、貯蓄は難しくなりそうだ。

週6日出勤で手取り15万円「長時間労働してやっと稼いだお金」

サービス系の会社に勤務する20代後半の女性(神奈川県/正社員/未婚/年収およそ200万ン円)は手取り15万円で、「週6日出勤、長時間労働してやっと稼いだお金でもやりくりするのは大変」ともらす。また、女性は心配性なのか、

「いつまで今の仕事が続くかわからない。両親のことや離れて住んでいる姉弟に何かあると、自分がすべて背負うかたちになる。将来一緒になる人とも続くのかすらわからない。仮に結婚して子どもができたとしても育てられるかすらわからない」

と将来に対する不安を列挙していた。もし手取りが20万円以上あれば、女性の不安も少しは和らぐのだろうか。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ