高卒でも学歴に満足している理由「バブル崩壊直前に高卒で証券会社に就職。大学進学組はその後苦労したようです」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

高卒でも学歴に満足している理由「バブル崩壊直前に高卒で証券会社に就職。大学進学組はその後苦労したようです」

高卒でもキャリアに満足

高卒でもキャリアに満足

「学歴は必要だと思いますか?」という質問に対し、就職で不利になることが多いために学歴は必要だという回答が多数寄せられている。しかし、高卒でも学歴は不要で、尚且つ自身の学歴に満足している人からの回答が少なからず寄せられている。

「学力イコール仕事力ではない。勉強はできても仕事ができない奴をたくさん見てきた」(青森県/40代男性/高卒/農林水産)

他にも、高卒で学歴に満足している人の回答を紹介する。(文:林加奈)

高卒女性「エジソンは学校に行っていないけど、偉大な発明家になりました」

滋賀県に住む47歳の女性は現在、介護の仕事をしている。現在は年収400万円を超えてもうすぐで500万円に届きそうだという。

「グループホームで2年働いたときにヘルパー2級の資格を取りました。その後別の仕事をしてからデイサービスで2年。今は特養で働き始めて9年目で、介護福祉士の資格を実技と筆記の両方受けて一発合格」

介護に関する資格をいくつも取得している女性。向上心の高さがうかがえる。そうした前向きな姿勢に年収が追い付いているようにも思える。

女性はさらに「人生楽しんだ者勝ちです。勉強は学校以外の場所でもできるので、学歴はあまり気にしません。エジソンは学校を出ていないけれど、偉大な発明家になりました」と、偉人を例に出し学歴は不要であると語っている。

「高卒の証券会社勤務と、大卒のアルバイト」バブル崩壊が明暗を分けた

千葉県に住む40代男性は、高卒で証券会社に入社した。新人研修も資格取得も大卒者とともに行ってきたという。それでも給与面で不利だった時期はあった。

「入社時の給与は当然大卒者が高いが、その後のボーナスや職階が評価されるのはテストだけではない。いかに利益・成果を生み出すかの実績主義であり、必ずしも大卒者が優位・優秀とは限らないです。私は現在管理職層ですが、大卒の先輩方々が私の部下になっています!」

と語る。学歴に満足し、尚且つ高卒で証券会社に入社できたのは、当時の景気の影響もあったようだ。

「1991に高校を卒業しましたが、その後の『不況』で大学に進学した人との就職率・就職先が明らかに違いました。高卒者は複数の企業を面接することなく、希望する会社に就職できました。一方、大学に進学し1995に卒業した人の一部は就活がうまくいかず、アルバイトをしていたという話を聞きました。その時の経済環境が明暗を分けた結果です」

1991はバブルが崩壊寸前だった時代で、崩壊後の1995年は「平成の大不況」の真っ只中だ。当然ながら就職に影響はあっただろう。

令和になった今も、新型コロナウイルス感染拡大で失業率も上昇傾向にある。働き方も多様化している風潮もあって、今後は学歴に対する価値観は変わってくるかもしれない。

※キャリコネニュースでは引き続き「学歴は必要だと思いますか?」「不倫したこと・されたことはありますか?」に関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ