年収1000万超だけど激務「14時間拘束で終電前に帰宅し、家でも仕事」「唯一の骨休めはハワイ旅行」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

年収1000万超だけど激務「14時間拘束で終電前に帰宅し、家でも仕事」「唯一の骨休めはハワイ旅行」

激務な年収1000万プレイヤー

激務な年収1000万プレイヤー

年収1000万以上の高給取りは、どんな仕事ぶりなのか。中には「仕事の運びが上手で定時退社も頷ける」と感心させられるような人もいるが、実際のところ激務に追われている1000万プレイヤーがほとんどだ。キャリコネニュース読者からは、

「年収1100万円です。月の残業時間は100時間超え。上司からの圧力にも耐えねばならず、人間らしい生活が送れていません」(40代男性/東京都/専門コンサル系)

といった声が寄せられている。メーカー系企業で年収1300万円を得る広島県の50代男性もその一人だ。(文:鹿賀大資)

「管理職なので残業手当はない」

男性の勤務時間は、昼休憩1時間を含む、7~20時。実質12時間と長丁場だが「休日出勤しないと追いつかない」という。また「管理職なので残業手当はない」と述べ、「本来は土日休みのはずなのに……」ともらしている。

不動産・建設系勤務の神奈川県の30代男性は、年収1000万円。海外出張が多く、休日はもっぱら移動に取られるため、思うように連休も取れない。平日に移動しても夜行便を利用するケースが多く、「曜日感覚がなくなる」という。

その代わり、閑散期はある程度の休みが取れるため「有休を使った毎年のハワイ旅行が生きがいとなっている」そうだ。

「常にキャパがあるふりをしていないと、新しい仕事がもらえない」

商社系企業で年収1300万円を得る埼玉県の30代男性は、9~23時の14時間拘束と超ハードワーク。また月に10日は出張があり、休日出勤も3日ある。勤務時間について「意味がないので残業時間もカウントしたことはありません」という。職場については、

「常にキャパがあるふりをしていないと、新しい仕事がもらえないので、終電前に帰ったあと家で仕事の続きをしています」

と綴っている。

東京都の40代女性は、専門コンサル系企業で年収1500万円を得ており「月の4分の3は在宅です」という。また普段は週休2日だが、ここ数か月間は月の半分しか休めていない。勤務時間も9~23時とハードだが、

「1時間程度は、仕事をしていない時間を挟んでいます。夕食で30分の休憩を取ったり、小学生の子どもが宿題を見せに来たら相手をしたりと。子どもの相手もしつつ、仕事時間は稼げるので、在宅の働き方には非常に満足しています」

と述べている。

※キャリコネニュースでは引き続き【読者投稿】年収1000万円以上で激務の人世帯年収300万円台のリアルに関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ