派遣社員の3割が”派遣切り”を経験「命に関わるので急な解雇は辞めてほしい」「勤務先の売上がコロナ禍で減少した」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

派遣社員の3割が”派遣切り”を経験「命に関わるので急な解雇は辞めてほしい」「勤務先の売上がコロナ禍で減少した」

「命に関わるので急な解雇は辞めてほしい」

「命に関わるので急な解雇は辞めてほしい」

Agooraは2月24日、「派遣社員の実情調査」の結果を発表した。調査は2月中旬にネット上で実施し、現在の雇用形態が派遣社員、または無職になる前の雇用形態が派遣社員の男女150人から回答を得た。

「派遣切りにあったことがある」と回答したのは33.3%。そのうち「新型コロナウイルスが関係している」と答えた人は38%だった。

「コロナとは無縁の業種だったが、閉鎖したためそのまま派遣切りに遭った」

具体的には、「職場で仕事がなくなりそのまま派遣切りに遭った」(54歳女性)、「働いていた会社の売上がコロナ禍で減少した」(35歳女性)といった声が多かった。

一方、「新型コロナウイルスの影響はなかった」と答えた人は62%いた。回答者からは、

「働いていた事業所はコロナとは無縁の業種だったが、閉鎖したためそのまま派遣切りに遭った」(47歳女性)
「営業より、コンサルティング会社からの指示で切ると説明された」(49歳女性)

などの体験談が寄せられた。

現在に不安に思っていることを聞くと、1位は「将来が不安」(84.5%)だった。次いで、「次の仕事が見つからない」(32%)、「給料が安い」(28.9%)、「契約が更新されるか不安」(23.7%)と続いた。具体的には、

「コロナでお仕事が無くなってしまったのでどうにかしてほしい」(27歳男性)
「命に関わるので急な解雇は辞めてほしい」(48歳女性)

といった声が寄せられた。ほかにも、「提示される職種の範囲が狭すぎて選べない」(42歳女性)、「交通費完備とかいているのにいざ働くと出してくれない求人があって困る」(44歳男性)などの声が寄せられた。

現在の月収は、「10万円未満」(34%)が最多

派遣社員として働いている期間は、「1年以上3年未満」(28.67%)が最も多かった。一方、「10年以上」と回答した人も20.7%いた。

現在の月収は、「10万円未満」(34%)が最多となった。次いで、「15万円以上20万円未満」(21.3%)、「10万円以上15万円未満」(13.3%)と続いた。

テレワークの実施率は14.7%。うち「週5回以上」(31.8%)の頻度が最も多く、次いで「2回」(27.2%)、「3回」(18.1%)と並んだ。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ