ケーキ屋を2日で辞めた女性「ゴミ箱のフタをあけたら“大きなゴキブリ”。心が折れました」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

ケーキ屋を2日で辞めた女性「ゴミ箱のフタをあけたら“大きなゴキブリ”。心が折れました」

飲食店スタッフをすぐやめる人が多い理由

飲食店スタッフをすぐやめる人が多い理由

飲食関係の仕事は、給料が安い傾向にあり、労働時間も長くなりやすい。また、仕事内容がハードなことから、短期間で仕事を辞める人が続出している。飲食業界で働いた経験を持つキャリコネニュース読者からは、

「食品加工の仕事を2か月で辞めた。給与が安い。サービス残業が常態化している」(北海道/60代女性/その他/パート/年収150万円)

「前職は調理補助をしていました。重労働できついし、みんなの前で怒鳴ったり、挨拶を無視したりする上司だったので半年で退職」(大阪府/30代女性/事務・管理/パート/年収100万円未満)

という声が寄せられている。ほかにも、キャリコネニュースに寄せられた「飲食関係の仕事を即行で退職した人の体験談」を紹介しよう。(文:福岡ちはや)

【早すぎ!? 仕事を即行で辞めたエピソード】最新記事はこちらから

「2日分のお給料は出してもらえませんでした」

都内の40代女性(クリエイティブ/契約社員/年収250万円)は、「もうかなり前のことです。『近所のケーキ屋さん』って感じのお店で働きましたが、2日で辞めました」と振り返る。そこは飲食店にもかかわらず、「衛生管理が最悪」だったからだ。

「初日に調理場で小さいゴキブリが出ると、ダスターでバチン!2日目の閉店後、外の大きなポリバケツにゴミを出しに行くと、ビニール袋ではなく、新聞紙を敷いた上に生ゴミを入れていました。すごく臭くて、フタを開けた途端に大きなゴキブリが飛び出してきて、泣きそうになりました」

心が折れた女性は、3日目の朝に電話で退職意志を伝えた。「当然のように2日分のお給料は出してもらえませんでした」というから、いろいろと問題のある職場だったのだろう。女性は、

「それから二度とそのお店には行きませんでした。数年後には閉店していたので納得です」

と後日談を明かした。

「人が足りないという理由で長時間労働を強要された」

岡山県の40代女性(その他/パート/年収250万円)は以前、ファミレスでアルバイトをしていたが、職場の労働環境は劣悪だった。

「人が足りないという理由で長時間労働を強要された。夜中の3時から朝9時までのシフトだったのに、いきなり0時からに変更になったこともある。交代する人も、怒鳴るわ、物は投げるわで最悪だった」

ほかにも「ちゃんと掃除したのに『駐車場が汚いから勤務後に掃除して帰れ』と言われ、ゴミを持ち帰るハメに。怒鳴られて持病の発作が起きて、制服のまま逃げ帰ったこともある」と、かなり苦しめられたようだ。結局、女性は4か月半でアルバイト先を去ることとなった。女性は、

「パニック障害の影響で9時近くになると震えが止まらなくて、薬を飲みながら耐えていた。仕事を辞める直前は、出勤前になると嘔吐下痢が止まらず」

と振り返る。4か月半も我慢せず、本当はもっと早く辞めるべきだったかもしれない。

※キャリコネニュースでは引き続き仕事を即行で辞めた人のほか「夏のボーナスいくらですか?」オンライン会議中のとんでもないエピソードなどのアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ