30代男性のブラック企業エピソード「リコール対応、毎日サービス残業。25時帰宅。そのお詫びはカップラーメン8個」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

30代男性のブラック企業エピソード「リコール対応、毎日サービス残業。25時帰宅。そのお詫びはカップラーメン8個」

ブラック企業の実態

ブラック企業の実態

働き方改革を筆頭に、昨今の企業のコンプライアンス意識は年々、強くなる傾向にある。しかし、コンプライアンス意識のかけらすら感じさせない会社もある。それがブラック企業だ。サービス系の会社で働く40代女性は「有休・夏季休暇・昇給がない。そもそも仕事内容が契約時と違う」とコメント。また、スーパーマーケットに勤務する40代男性からは、

「とにかく多岐にる業務を求められる日々で、作業時間は7時~22時です。商品発注・レイアウト決め・売り込み・品出し・試食販売・シフトやPOP作成・会議・掃除など。休みもよくて月3~4日で、頻繁に電話がかかってきます」

という声が寄せられている。ちなみに、上層部による暴言・暴力も日常茶飯事というから恐ろしい。(文:鹿賀大資)

【壮絶!ブラック企業体験談】最新記事はこちらから

「サービス提供以外の時間は、移動か休憩扱いです」

40代女性(医療・介護系)は「現在も人材不足で(ブラック企業を)辞めることができずに働いています」とため息をもらす。女性の仕事は訪問介護だ。施設介護とは異なり、各利用者宅を訪れるが「サービス提供以外の時間は、移動か休憩扱いです」と続ける。

「毎日、残業ゼロを徹しています。帰社後には事務処理もありますが、時間内に終わらないので、(退勤のタイムカードを)打刻してからスタートが当たり前です。昼食もまちまちで、1時間ゆっくり休むことはできません。一緒に働く人たちが『休憩しなよ』『早く帰りなよ』と気遣ってくれますが、仕事が終わらないと休日出勤することになるので……」

残業しているのに「残業ゼロ」は明らかにおかしな話だが、女性は「自主的にやっていることで、上司も同じ感じのため、誰も何も言いません」と綴っている。

30代男性(技能工)は、以前の勤務先でブラック企業の実態を目の当たりにした。当時は自動車メーカーの整備士をしており、リコール対応に追われていた。欠陥台数は膨大で、従業員を総動員しても足りない状況だった。

「毎日がサービス残業で、帰る時間は25時。睡眠が削られ、モチベーションと仕事効率もだだ下がり。それなのにメーカー社長は謝罪なし。会社の部長からは『詫びのカップラーメン8個で頑張って』と言われたが、さすがにやる気がなくなって退職した」

サービス残業の「おわび」がカップラーメンとは…。男性は「相当な残業代が会社の利益になったはず」と悔しさをにじませていた。

※キャリコネニュースでは引き続き「ブラック企業経験談」のほか「夏のボーナスいくらですか?」オンライン会議中のとんでもないエピソードなどのアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ