一家を支える30代男性「年収800万円。子どもの手がある程度離れてきたら共働きも考えている」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

一家を支える30代男性「年収800万円。子どもの手がある程度離れてきたら共働きも考えている」

今は自身の収入のみ

今は自身の収入のみ

共働き世帯が増えたとはいえ、夫婦で仕事と家事育児を役割分担している家庭はある。そんなキャリコネニュース読者から寄せられた声を紹介する。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/6FE3D7NZ

「今後子どもたちの教育費が増えてくる」と懸念

岐阜県に住む30代後半の男性(メーカー系/正社員)は年収800万円。自身の収入のみで妻と3人の子どもを養っているが、「今の生活に特に不満はない」という。

「普段の生活費は予算内に収まるように気をつけているが、年1回の国内旅行などである程度の贅沢はできる。ただ、今は自分ひとりの給料で生活できているが、今後子どもたちの教育費が増えてくると思われるので、子どもの手がある程度離れてきたら共働きすることも考えている」

愛知県の40代後半女性(世帯年収1000万円)は育児のかたわらパート勤務をしているが、

「結婚後12年、専業主婦から少しずつ働き始め、給料は主人の10分の1以下です」

と明かす。つまり、世帯収入のほとんどを夫に頼っている状況だ。女性はこのようなスタイルのメリットについて、

「子ども3人、十分面倒を見ることができ、また自分の時間もあり、贅沢はできませんが精神的にゆとりがあります」

と述べる。子どもの多い家庭や幼い時期には、共働きにこだわらず夫妻でうまく役割分担するのも一つの方法だろう。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ