「経営陣の嫁が給料もらい過ぎてて愛想が尽きた」会社をやめようと思った瞬間 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「経営陣の嫁が給料もらい過ぎてて愛想が尽きた」会社をやめようと思った瞬間

画像はイメージ

会社には、働くモチベーションを著しく下げてくるような人もいる。社内の人間関係がきっかけで会社を辞めることは珍しくない。キャリコネニュースのアンケートには

「仕事中にスマホゲームばかりしている社員に注意もしない、できない社長を見た時」(20代男性/販売・サービス職)

など、「会社を辞めたい」と思ったことがある読者から、さまざまな体験談が寄せられている。(文:コティマム)

※キャリコネニュースではアンケート「会社をやめようと思ったエピソード」を実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/EYERWBZ9

「社員主体と思わせながら、意見を言っても何も改善せず」

回答には、

「とにかく技術職と営業職との対応の差が激しい。技術を無視して会社の売り上げ数字のみを大切にする」(30代女性/技術職、建築・土木系)

など、上層部の対応に不満を抱く投稿が多く見られた。

販売・サービス職の20代女性も、経営陣の態度にうんざりしている。

「『意見を言ってください』と社員主体と思わせながら、意見を言っても何も改善せず。私と同い年で私よりもこの業界経験が短いほぼ実権を握ってる人は、(周りの意見を)頭ごなしに却下。やりたい放題な経営陣と、ほとんど来ていない経営陣嫁の貰い過ぎな給料に愛想つかしました」

上層部の方針や態度に納得がいかず、「会社を辞めたい」と考えるようになったようだ。

初日からあげ足をとってくる社員「資格もない人に教えた事もない」

「医療器具を滅菌する会社」を辞めた30代の女性(販売・サービス職)は、社員の態度や対応で嫌な思いをしたという。

「病院で介護(職)を10年やって、子どもの進学という事でその病院は円満退社。その後、医療器具を滅菌する会社に入社したものの、初日からあげ足をとられバカにされて、別の男性社員から『資格もない人に教えた事もない』と笑われた」

女性は社員の態度に退職を決意。

「そんな事も引きずりながら、辞める旨を伝えて『退職届を記入しに来てくれ』という事で病院に行くと、『誰がここでおれ(と)言うた』と頭ごなしに叫ばれました。退職届を走り書きで記入して泣きながら、走って帰ったのを覚えています」

仕事内容が合っていても、人間関係が良好かどうか、社内が過ごしやすい雰囲気かどうかはなかなかわからない。入社しても合わなかった場合、無理に続ける必要はないだろう。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ