ひどすぎ…「書類は持って帰れ!郵送代もアホくさい」と面接で言われた男性 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

ひどすぎ…「書類は持って帰れ!郵送代もアホくさい」と面接で言われた男性

画像イメージ

画像イメージ

あまりにも失礼な態度をとる面接官と遭遇したら、一体どうすればいいだろう。キャリコネニュースが募集している「面接での信じられないエピソード」には、驚くべき体験談が寄せられている。(文:草茅葉菜)

※キャリコネニュースでは「面接での信じられないエピソード」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/74FZSHAJ

「途中からは大声で学歴や職歴について誹謗中傷、罵声を浴びせ続けてきた」

神奈川県の40代男性(その他/正社員/年収500万円)は、「面接を進めるうちに、どうも先方としてはマッチしていないと思ったみたいなのですが…」と戸惑いを隠せない。というのも

「だんだん面接官の口調が荒くなってきて、もう途中からは大声で学歴から職歴について誹謗中傷、罵声を浴びせ続けてきた」

「挙句、最後は『書類は持って帰れ!郵送代もアホくさい』と事務所中に聞こえる声で吐き捨てられました」

という酷い対応をされたからだ。何が面接官を怒らせてしまったのかは分からないが、そこまで言う必要があるだろうか。

また、東京都の40代女性(ITエンジニア、システム開発・SE・インフラ/フリーランス/年収1000万円)は「無礼な面接官という意味での経験では、10や20では足りないです」と前置きした上でこう綴る。

「面接官複数人での面接で、 私の経歴書を見て、一部の面接官が経歴書を叩きながら笑い合うという無礼過ぎる面接に当たったことがあります」

女性は「何か誤字でもございましたか?」とその場で聞き、 会社を出たところで転職エージェントに電話して即辞退したという。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ