夏のボーナス出ても喜べない人々「額面20万円。正直もう少しほしい」「15万程度。氷河期世代は虐げられています」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

夏のボーナス出ても喜べない人々「額面20万円。正直もう少しほしい」「15万程度。氷河期世代は虐げられています」

イメージ画像

画像はイメージ

夏のボーナスが支給され始め、一喜一憂する声がキャリコネニュースに届いている。もちろん金額は企業の業績、職種などに応じてさまざまだが、福岡県に住む40代前半の女性は

「額面で15万程度。売上が減ったことと、離職を防ぐために若手への手当てを厚くするとの意向……。就職氷河期世代はどこまでも虐げられています。つらい」(クリエイティブ、メディア・アパレル・デザイン/正社員・職員/年収450万円)

と厳しい情勢を嘆いた。(文:okei)

※キャリコネニュースでは「夏のボーナスいくらですか? 2022」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。 https://questant.jp/q/5WFVGPWJ

「全社員一律。モチベーションが上がらない」

金額は明かしていないが前年と「全く同じ」と回答したのは東京都に住む30代前半の男性。どうもやる気が起きないようで、理由や使い道をこう書いている。

「コロナ禍での業績悪化により全社員一律。モチベーションが上がらない。使い道としては古くなった家具や家電などの買い替え」(営業/正社員・職員/年収400万円)

同じく30代前半で静岡県に住む男性は、「例年通り40万」と明かし

「ボーナスは例年通り支給されてていますが家族旅行はまだなんとも言えないので、恐らく大半は貯金残りは車検代になるかと思います」(福祉・介護/正社員・職員/年収400万円)

と地に足のついた回答を寄せた。

東京都に住む20代後半の女性は、不満をこう漏らす。

「去年と同じくらい。額面20万円でした。貰えることは嬉しいですが、業績自体は昨年度よりも上がっているので、正直もう少し欲しいところです。小さな会社ということもあり、冬のボーナスもそんなにもらえないので…。合計しても2か月分の給料に満たないと思います」(企画・マーケティング・経営・管理職/正社員・職員/年収400万円)

「額面」という言葉に、税金を引かれた後が更に少ないという含みが感じられる。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ