世帯年収1600万円の40代男性 「妻に毎月50万円渡してやりくりしてもらっています」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

世帯年収1600万円の40代男性 「妻に毎月50万円渡してやりくりしてもらっています」

画像はイメージ

世帯年収が1600万円だという40代後半の男性(兵庫県/その他/正社員・職員/既婚/子ども3人)が、自身のお金の使い方、資産状況についての投稿をキャリコネニュースに寄せた。

「住宅ローン月々12万7000円。食費、光熱費、雑費、子ども習い事、教育費、保険含めて35万円。妻に毎月50万円渡して、住宅ローンの支払いも含めてやりくりしてもらっています。自分の現金としての小遣いはなく、必要なときはカードで支払っています」

引き続き、この男性の投稿を紹介する。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/CPG04M4S

「あったらあっただけ使ってしまうので、貯金や積立投資は給料から天引き」

男性の現在の資産状況は、「貯金1200万円、株式投資信託350万円、不動産は持ち家。住宅ローン残高3200万円」という。男性は、

「あったらあっただけ使ってしまうので、貯金や積立投資は給料から天引きにしており、毎月貯金に7万円、積立投資に2万円です。年に2回のボーナスは、毎回貯金と投資で65万円」

と語っており、給与から貯蓄分を天引きするやり方が功を奏しているようだ。節約については、

「ガソリン、光熱費を節約。保険の見直し。すでにこれまで1回見直しをしており、あまり削減はなし。子どもの学費が確実にいるのでそれ以外で投資にまわそうと思いますが、あまりお金も作れず、投資額が少額のままです」

「妻なりに『安全な食事を出したい』と食品も有機なものを選んでいるようで、これ以上食費を下げてほしいとも言えず。学費以外にまわす貯金は詰んでる状態ですね」

と明かし、課題が残っていることを示唆した。また、今後の家計の見通しについては、

「今後収入が大きく増えることもなく、また増えても累進課税で手取り額も増えず、入ってくる額を増やす可能性は低いです」

「少額投資をしていきながら、何か副業できる資金を貯めようと思います。副業は田舎の土地で一棟貸しのコテージをできたらと思います」

と希望を綴る。平均より世帯収入が多い人も、資産形成のためにいろいろと工夫しながら生活しているとわかる投稿だ。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ