手取り16万円、地方在住の20代男性「大都市へ行ったほうがよかった」と後悔 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

手取り16万円、地方在住の20代男性「大都市へ行ったほうがよかった」と後悔

画像はイメージ

地方在住のキャリコネニュース読者から、手取りの少なさを嘆く投稿が寄せられた。手取り16万円で青森県に暮らす20代後半の男性(その他/正社員・職員/未婚/年収300万円)は、

「大卒で地元に就職しましたが、正直なところ上京ないしは大都市へ行ったほうがよかったと感じています」

と後悔を語る。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「暇そうにしている年齢高めの方」に怒り

男性は、

「田舎で勤続年数も短いので仕方ないと感じますが、おそらくこのままでは子どもはおろか結婚もできないと思います」

と不安を綴る。とはいえ全社的に給与が低いわけではないようで、

「業務が少し特殊なため社内を結構な頻度で回ることが多いのですが、暇そうにしている年齢高めの方が散見されます。給与がほぼ年齢によって決まるため、そのような方を目にするたび怒りとやるせなさが湧いてきます」

と憤った。

結婚や子育てでお金が必要な時期に、少ない手取りでやりくりしなければならないのはつらいだろう。ただ裏を返せば、長く勤めさえすれば昇給が見込めるのかもしれない。先輩社員を反面教師に、自身は若手から尊敬される存在を目指してはどうだろうか。

「地方は手取り20万円以下なんて普通にいる」

熊本県在住の男性(30代後半/その他/契約社員/未婚)は手取り15万円、年収およそ200万円。男性は「地方は手取り20万円以下なんて普通にいる」という。

「実家に住んでるからなんとかなっているが、1人暮らしの人はかなりキツいと思う。この手取り額だと将来なんてどうなるかわからない。税制度を変えてくれないと、おそらく老後は生活ができないだろう。結婚もこの年収だとできないと思う。転職したらと思うけど、手取り20万円以上の仕事などそう簡単にあるものではない」

もちろん職種にもよるだろうが、地方での就職を検討する際は提示されている給与で生活できるかどうか、よくよく考えたほうがよさそうだ。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ