学歴の必要性を実感した県立大卒男性の回想 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

学歴の必要性を実感した県立大卒男性の回想

画像はイメージ

地方の県立大を卒業した30代後半の男性(愛媛県/メーカー系)からキャリコネニュースに「学歴は必要」という投稿が寄せられた。男性は「社会に出て派遣の仕事をしていたとき」に、待遇差でそれを実感したという。

※キャリコネニュースでは学歴をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/K0DQY3O9

「先輩方も、『大学行けば良かった』と口にされていました」

学歴は必要と感じたのは、派遣として働いていたこんなときだった。

「高卒の先輩方を差し置いて、直ぐに自分の時給が上がりました。先輩方も、『大学行けば良かった』と、口にされていました。(学歴は必要と)まざまざと実感しました」

男性は、地方県立大学で2000年代に新設されたキャンパスの出身。公立だが、新設校のため周囲の見る目は実は厳しかったことを明かす。

「自分の学校は、まだ出来てから歴史が浅かったため、『Fランク大学』という偏見の目を持たれてました。事実、同期の8割はそんな感じでした。残り2割は、早稲田や慶應レベルの人が居ました」

そのため、「彼らに追いつくのに必死でした」と勉強に励んだ学生時代を振り返る男性。自分の学歴について「自分のレベル以上の同期に会えて満足してます」と語っていた。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ