手取り13.6万円、20代男性の絶望「自分の人生は一生こうだと諦めかけています」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

手取り13.6万円、20代男性の絶望「自分の人生は一生こうだと諦めかけています」

イメージ画像

画像はイメージ

手取り20万円以下の生活とは、どのようなものなのだろうか。手取り13万6000円で正社員として働く20代前半の男性(長野県/その他/未婚)は、

「日々自分のことで精一杯。楽しみや娯楽もほぼできず、副業やアルバイトでもしないと貯金すら厳しい。しかし副業は禁止の職場。高卒なので、この程度でも仕方ないっちゃ仕方ない」

と嘆く。男性は、自分の生い立ちを次のように振り返った。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「人並みの生活は送れてきませんでした」

「大学に行ける金銭的な余裕も家庭になく。母子家庭で育ったため、その他諸々ごく一般家庭の人ほど人並みの生活は送れてきませんでした。高校も定時制で、昼間アルバイトをしなければ生活すらできない状況だった」

つらい過去があっても、今は余裕のある生活を送れているのなら笑い話にできるのかもしれない。しかし男性は、

「今でも十分といえるほどの収入はないため、自分の人生は一生こうだと諦めかけています。食べるのに精一杯」

とこぼす。なんとか現在の職場で昇給し、”人並みの生活”ができるようになればいいのだが。

「将来は田舎に引っ越して、自給自足の生活をしたい」

サービス系のパートで手取り15万5000円を得ている30代前半の女性(愛知県/未婚)は「自分の収入を理解しているので、その範囲内で生活しています」と綴る。

「生活で困ることは、1人暮らしのため病気や怪我のとき働けなくなり、貯金も尽きて家賃が払えなくなることです。仕事はやりたいことができているので満足です。そのため、収入は低いです」

淡々と語る女性は、「将来は田舎に引っ越して、自給自足の生活をしたいと思います。今後もお金に振り回されない生活をしたいと思います」と将来の見通しを立てていた。お金がないときほどお金に執着してしまいがちだが、この女性くらい割り切ることも、ひとつの人生かもしれない。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ