「面接官がずっと携帯電話を操作していました」 ひどすぎる面接に落胆したバス運転士の男性 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「面接官がずっと携帯電話を操作していました」 ひどすぎる面接に落胆したバス運転士の男性

画像はイメージ

採用面接を受ける際、その業界や会社に憧れの気持ちを持って臨む場合もあるだろう。バスの運転士をしている40代前半の男性(愛知県/設備・交通・運輸/正社員・職員/年収450万円)は、「バス会社の採用試験」を受け、憧れが打ち砕かれたときのエピソードを綴っていた。(文:永本かおり)

※キャリコネニュースでは「面接での信じられないエピソード」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/74FZSHAJ

「まるで『お前には興味はない』と言わんばかり」

男性は現在バスの運転士として働いているが、昨年10月に大阪のとあるバス会社に応募。「幸い書類選考に合格し、面接に挑みました」と語る。その面接について、こんな風に書いていた。

「面接官は二人。事務系と現場系の方のように見えました。まず事務系の方からいろいろと質問がありましたが、その間、現場系の面接官がずっと机に携帯電話を置いて操作していました」

やる気の見えない態度の現場系面接官に、男性は

「まるで『お前には興味はない』と言わんばかり」

だと感じてしまった。

「さすがにその当人が質問する時は、操作はしていませんでしたが。そのバス会社に私はあこがれており、『こんな奴らと働かないといけないのか』と失望しました」

と落胆を綴る男性。会社に憧れの気持ちがあったからこそ、ショックは大きかっただろう。結局、

「もちろん選考は辞退しました。応募に費やした労力を返してほしいです!友人達にこのことを話すと『そんな会社行かんでよかったな!』という意見ばかりです」

と吹っ切ったように報告している。最後は、

「面接とは応募者にとって最大のセールス場面ですが、同時に会社にとっても絶好のセールス場面であると思います。本当に残念で悔しい出来事でした」

と面接に対する自分の意見を書いていた。

【シリーズ:失礼な面接官たち】

面接官に「素人」呼ばわりされた30代男性、ピシャリと言い返す「天狗になるのもいい加減にしなさい!」

失礼すぎる面接官を黙らせた男性「あなたはお客様にもこんな態度で接するのですか?」

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ