実際、昔と比べて日本はどれぐらい「暑く」なっているのか。データをみたらやばかった。 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

実際、昔と比べて日本はどれぐらい「暑く」なっているのか。データをみたらやばかった。

イメージ画像

画像はイメージ

とにかく暑い日々が続いている。昔と比べて夏が暑くなった気がするのだが、実際にはどうなのか? 気象庁のデータなどを元に調べてみた。(文・ふじいりょう)

実際暑い!

 

気象庁のデータをもとに編集部が作成

気象庁によると、日本は昔に比べて明らかに暑くなっている(図参照)。日本の気温は100年あたり1.28℃の割合で上昇しているという。

真夏日・猛暑日・熱帯夜も、いずれも増えている。

1910~1939年と、1991年~2021年の平均日数を比べると

真夏日は約35日→約41日、

猛暑日は約0.8日→約2.5日、

熱帯夜は約9日→約23日、

に増えていた。

しかも、ここまでの数字は、都市化の影響を比較的受けていない場所で調査したもの。都市部は「ヒートアイランド現象」の影響で、もっと暑くなっている。

例えば、東京では100年あたりの平均気温が、2.6℃の割合で上昇。

1910~1939年と、1991年~2021年の平均日数を比べると、

真夏日は40日→53日、

猛暑日は0.5日→5.3日、

熱帯夜は3.8日→30日、

と大きく増えていた。

猛暑日と熱帯夜の変化をグラフにしてみると、ここ最近、大きく増加していることがわかる。(図1)

地方出身 → いまは都会だとなおさら暑く感じそう。

温室効果ガスの増加が主因とされる世界規模の温暖化、それに都市部のヒートアイランド現象が加わって、日本は実際に暑くなっている。特に、地方で自然に囲まれて育った人が都市部に出てくると、「昔より暑くなった」と感じるだろう。

最近はテレワークの推進などもあり、「涼しい場所で働く」という選択肢が以前よりも現実的になってきている。

たとえば、最近話題の千葉県勝浦市は「100年猛暑日知らずの街」として、観測史上1度も猛暑日を記録したことがないと涼しさをPRしている。もし、いまいる職場が完全テレワークOKだとしたら、こんな地域に住居を構えてみるのもいいかもしれない。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ