「聖子ちゃん世代の話をされても私は生まれたばかり」17歳年下の妻がジェネレーションギャップを感じる瞬間 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「聖子ちゃん世代の話をされても私は生まれたばかり」17歳年下の妻がジェネレーションギャップを感じる瞬間

画像イメージ

画像イメージ

親子ほど年の離れた相手と結婚すれば、ジェネレーションギャップを感じる瞬間もあるだろう。特によくあることとして「聴いてきた曲の違い」が挙げられる。キャリコネニュースに寄せられた「年の差婚の人」からの経験談には、そうしたエピソードが複数寄せられている。(文:永本かおり)

キャリコネニュースでは「年の差婚の人」をテーマにアンケートを行っています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/JW69EQFF

16歳年下の夫は「KUWATA BANDの存在を知らなかった」

17歳年上の男性と結婚した38歳の女性は、「たまたま友人に離婚の相談をしようと行ったお店の常連客が後の主人でした」と馴れ初めを明かす。ジェネレーションギャップについては

「17歳差のため、音楽の話になると時代を感じます(笑)。主人の青春時代の聖子ちゃん世代の話をされても私は生まれたばかりですから…。でも、そんな時が楽しいんです」

と幸せそうに綴った。世代が違っても明るく話が弾んでいる様子がうかがえる。

また、16歳年下の男性と結婚したという47歳の女性は、馴れ初めについてこう打ち明けた。

「東日本震災で、東京から地元長崎に戻ってきました。当時38歳。知り合いや友達もあまり地元におらず、独り飲みをよくしていた頃に出会った、飲み屋さんのアルバイトの男の子」

その男性が、「現在の夫」だという。ジェネレーションギャップを感じる瞬間は、よく聴いている音楽の話になった時で

「彼は、年齢の割には自身の母親の影響か、サザンやユーミンなどもよく聴くのですが、KUWATA BAND(クワタバンド)の存在を知らなかった。全く。ジェネレーションギャップでした」

と驚きを綴っていた。その世代では当たり前に知られていても、歳が離れていると全くわからない人もいるという典型的なエピソードだ。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

人気記事ランキング

  1. 「資産は3000万円」→ 家はボロボロのアパート 仕事をサボりまくるアラフィフ社員の軌跡 モンスター新人エピソード【後編】
  2. 「前職はトップ営業マンだったらしい…」アラフィフ新入社員のやばすぎる正体 モンスター新人エピソード【前編】
  3. 社長に“タメ口”を使うモンスター新人「注意しただけで1か月も欠勤。しまいには親が怒鳴り込んできました」
  4. エクセル拒否!「うちはアナログでやってきた。改善や効率など考えなくていい」と言う社長 即行で辞めた体験談【後編】
  5. 高学歴のメリットは? 旧帝大と早慶卒が8割の企業では「難しい言葉の説明が不要」と語る男性
  6. パート先のトンデモ新人に驚愕「鶏皮をやたらと持ち帰ろうとするんです。人手不足だったので上司も黙認していました」
  7. ある質問に答えたら「面接官が途中退席しました」 後味の悪すぎる採用試験
  8. 「1日14時間拘束がしんどくて辞めた」→転職先もタイムカードなし、16時間拘束のブラック企業で即退職した男性
  9. "働かない中高年"に呆れる声「勤務中にスマホゲーム。仕事できないのにできるアピールがウザイ」
  10. 「ほぼ最低賃金になりますが大丈夫ですか?」 コロナで転職、とんでもない企業に入社してしまった40代男性

アーカイブ