「俺が出社した時に立ってあいさつしない」と社長に言いがかりをつけられて退職した女性 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「俺が出社した時に立ってあいさつしない」と社長に言いがかりをつけられて退職した女性

画像イメージ

画像イメージ

せっかく入社した会社でも、環境や条件によっては辞めたくなることもある。神奈川県の30代女性(素材・化学・食品・医薬品技術職/年収400万円)は、「最近まで勤めていた」という「都内の某ECサイト運営会社」での呆れた社長の態度を教えてくれた。(文:コティマム)

キャリコネニュースでは「『この会社やめよう』と思った瞬間」をテーマにアンケートを行っています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/HZU4I2D3

「何を言っても無駄だなと思った」

「法人なのにもかかわらず、保険関係の未加入が続いた。代表者に加入を訴えたが、『態度が悪い』『俺が出社した時に立ってあいさつしない』等の言いがかりをつけられた」

女性は、「何を言っても無駄だなと思ったのと、以前から価値観を押し付けられた我慢の限界が蓄積した」といい、退職を決めた。

公務員だった女性「先輩は勤務中にメルカリやインスタ。給料泥棒と思ってました」

静岡県の20代女性(教育・保育・公務員・農林水産・その他/年収400万円)は、過去に公務員として働いていたが退職した。

「年功序列なのは分かっていますが、先輩はメルカリやインスタしてましたね。ビールサーバー買ってました。また1時間以上お茶会やってたりしました。その間私は黙々と働いてますが……」

女性は好き勝手やる先輩たちについて、「市民のための仕事なので、税金泥棒って思ってました」として、退職の決定打をこう振り返った。

「お茶会やってる職員の先輩の方が、年功序列なのもあって給料も上なんです。呆れましたね」

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ