専門卒の40代女性が感じた学歴の壁 育児後の復帰を望むも「安定した企業は大卒しか受け付けてない」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

専門卒の40代女性が感じた学歴の壁 育児後の復帰を望むも「安定した企業は大卒しか受け付けてない」

画像はイメージ

「学歴」は必要か、不要か。キャリコネニュースには「学歴」についてさまざまな考えが寄せられている。今回は専門学校卒の読者が経験した学歴の壁と想いを紹介する。(文:コティマム)

※キャリコネニュースでは学歴をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/K0DQY3O9

専門卒で希望職には就けたが「子育てとは両立できなかった」

宮城県の40代女性(サービス/事務・管理/派遣社員/年収200万円)は専門卒。専門的な知識や技術を身につけ就職もしやすかったという女性は、それでも「学歴は必要」と感じているという。

「育児が少し落ち着いて復帰したくても、安定してる企業は大卒しか受け付けてない。それ以下だとパートで探すことになってしまう」

結婚・出産を機に働き方が変化する女性は少なくない。それに比べて正社員で時短勤務や育休が取りやすい会社は狭き門、というわけだ。

「専門学校を出ての就職は、希望する職種につきやすく良かったのですが、その後つぶしがきかない。私が持ってる手に職では、子育てとは両立できなかった」

と吐露する女性は「どんな大学でも、出てるのとでてないのでは差がはっきりある」と実感を綴っている。

また、同じく専門卒の東京都の20代女性(事務・管理/派遣社員/年収350万円)は、学歴のある人について

「苦手なことに取り組む力が大きく違い、考え方も理路整然としている特徴の人が多く、客観的な思考や見方が優れている」

と語る。自身の学歴に「不満はない」としつつも、「そもそもの勉学をもっと励むべきだった」と後悔をもらし、こう書いていた。

「大学を卒業できる時点で尊敬でしかない」

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ