小6の子どもから「クリスマスプレゼントはいらない」と言われたシングルマザーの嘆き | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

小6の子どもから「クリスマスプレゼントはいらない」と言われたシングルマザーの嘆き

画像はイメージ

「物価が急に上昇して食費に苦慮します。子どもに我慢させたくないと頑張ってましたが、6年生にもなると理解するようで、『クリスマスプレゼントはいらない』と言われました。ショックでした」

こう語るのは、サービス系の会社で契約社員として働く40代前半女性(神奈川県/子ども1人)だ。子どもに気を遣われるのは、親として悲しくなってしまうもの。女性の気持ちを考えるといたたまれない。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/94ZJP3D8

「公立高校の部活すら難しいほど現金が足りません」

女性はシングルマザーで、仕事は手取り14万9000円の一般事務だが、「営業と同等レベルの業務内容がわからなければ処理できません」と語る。

「必要に応じて営業と変わらない仕事内容がまわってきたり、職制すら理解できないシステム登録が複数ありますが、給料は薄給です。正社員にもなれません」

給料に見合わない働きを求められては、不満が溜まっても仕方がない。また女性は「(子どもを)私立の高校に行かせたいけど、公立高校の部活すら難しいほど現金が足りません」と、困窮する現状を嘆いた。

「国や自治体が旅行割引で賑やかですが、(私にできるのは)マイナポイントでお米を買うくらいです」

低所得世帯であるほど、物価の高騰から受ける影響は大きくなる。「正直、旅行どころではない!」という女性の心の叫びが聞こえてきそうだ。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ