「結婚式のご祝儀も親に借りた」手取り14万円の30代男性の嘆き | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「結婚式のご祝儀も親に借りた」手取り14万円の30代男性の嘆き

画像イメージ

画像イメージ

増税に物価高騰と家計に打撃を与えるニュースが絶えない昨今、手取り20万円以下のキャリコネニュース読者から、生活苦を訴える声が相次いでいる。「手取り14万円で東京に住むのは覚悟が必要」と綴るのは、サービス系の会社で働く30代後半の男性(正社員・職員/未婚/年収200万円)。

「交際費や娯楽費はほぼ0円だが、毎月貯金にまわせるお金などない。結婚式のご祝儀も親に借りた」

このような声を上げるのは都内在住者ばかりではない。地方での暮らしも相当厳しくなっているようだ。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/94ZJP3D8

「昇給はすれど、物価上昇や増税にまったく追いついていない」

佐賀県に住む30代前半の男性(その他/正社員・職員/未婚)は、手取り17万円で暮らしている。男性の年収は300万円ほどで「ボーナスが年間で5か月分前後は出ているのでなんとかなっている」と言い、

「昇給はすれど、物価上昇や増税にまったく追いついておらず、毎年少しずつ苦しくなってきている」

と焦りを隠せない。

福岡県の20代後半の女性(IT・通信系/正社員・職員/未婚)は、手取り17万5000円、年収250万円で、「転職するか悩んでいる」と明かす。20代前半の頃に「30歳までに手取り20万円の仕事に就く」という目標を立てたからだ。しかし、

「今の職場は人間関係も問題なく、好きな仕事なので続けたいが、昇給の見込みはない」

と女性。「(手取りで)20万円欲しい」と切実な思いを綴っていた。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ