ひどすぎる面接、30分待たせた上に「入社後じゃないと答える必要がない」と何も教えてくれない社長【前編】 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

ひどすぎる面接、30分待たせた上に「入社後じゃないと答える必要がない」と何も教えてくれない社長【前編】

画像はイメージ

画像はイメージ

面接官のなかには「こちらが完全に立場が上」だと思っている人が少なくないようだ。東京都の50代女性(事務・管理/契約社員/年収450万円)から、面接の途中で「もういいや」とやる気が失せた体験談が寄せられた。その会社では、何を聞いても

「入社後じゃないと答える必要がない」

と言われ、仕事内容すら教えてくれなかったという。(文:okei)

※キャリコネニュースでは「面接での信じられないエピソード」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/74FZSHAJ

30分待たされ「社長がそのうちくるから!」

とある会社の採用面接に臨んだ女性。「会議室に通された後、30分待たされました。午後一番の面接だったので、前のかたが延びているわけではありません」といきなり相手方の遅刻から始まった。

「机上には会社案内が置かれていたので、ひとまず目を通しておきましたが、あまりに誰も来ず、失礼だなと思ったため、もう帰ろうかと思ったところに、男性が入ってきました」

「名乗るでもなんでもなく、『会社案内見た?まぁ、そういう会社です。わからないことあります?』と聞かれたので、今は、特にありません。と答えると『社長がそのうちくるから!』と」

待たせた挙句、謝罪もなかったようだ。女性は「さらに10分待たされ」、ついに女性社長が登場した。

「私が社長です。遅くなっちゃったわ(笑)じゃ、始めるわ!」

と始まった面接。自己紹介など一般的な内容の後に、社長は

「関連会社が横にあるから、そっちの仕事もやってもらうことになります。で、給料は、あなたの場合○○万ね」

と告げてきた。そのため女性は「2社分の処理をするのであれば、もう少し頂きたい」と交渉を試みたという。すると……

「『え?何を言ってるの?たまに手伝うくらいよ。そんなんであげられるわけないじゃない』と言うので、『では、慣れてきたら、手計算している勤務時間集計等は、Excelを使う等して、効率化しても構いませんか?』と確認しましたが、 社長の返事は『入社してもいない人に、そんなことの返答をする必要はないわ』と言われました」

女性はその返答にも困惑したというが、「質問は?」と問いかけてくるくせに、業務に関する大まかな質問をいくらしても、すべての答えが

「入社後じゃないと答える必要がない」

という言葉のみだった。

面接の途中だったが、女性は「あ~もう、ここはいいや。と思ってはいました」と一気に入社の意思が削がれた様子。それでもとりあえず面接を受け続けた女性は、社長の言動にさらに驚くことになる。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ