「新卒で入ったが放置されました」仕事を教えてもらえずに即行でやめた人々 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「新卒で入ったが放置されました」仕事を教えてもらえずに即行でやめた人々

画像はイメージ

画像はイメージ

入社したばかりの人をいきなり現場に投入するのは注意が必要だ。ベテランならともかく、大抵の場合は周囲のフォローが必須だろう。

群馬県の30代男性(営業/年収250万円)は、かつて生産管理の仕事を半日で辞めたそう。その理由についてこう明かした。(文:長田コウ)

「面接で聞いていた話とまったく異なり、人材不足も相まって一人当たりの業務量も多くOJTも無くいきなり実践業務でした」

「職場の雰囲気がよくない、上司が厳しい、勤務地が遠い、給与安い」

給料は、「月給20万」で、業務と見合っていないと感じたそう。そうしたこともあり、「残業代で稼ぐようで皆さん21時や22時まで残業は当たり前でした」と結果的に長時間労働が常態化していた。

これでは働き続けることはできない、と感じ即退職した男性だが、今となっては後悔は全くないようだ。

「辞めて正解でした。わたくしが辞めてからも求人はしばらく掲載していました」

埼玉県の40代女性(医療/年収300万円)も、即行で退職したことがある。医療関係の職場を4か月で退職した女性だが、不満がたくさんあったようだ。

「新卒で入ったが放置され、医療的手技を習得できる機会が少なかった」
「職場の雰囲気がよくない、上司が厳しい、勤務地が遠い、給与安い」

新卒で教育の機会がないとなると将来のキャリア的にも微妙だ。今は、別の場所で医療に従事しているというが、清々しくこう書いていた。

「辞めてよかったと思う。職場のチームに合わなかったと思うので、続けていても辛い日々が続いていたと思う」

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ