【建設業界】仕事にやりがいを感じる企業ランキング1位は大林組「スケールの大きな建設構造物を構築することにやりがいを感じる」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

【建設業界】仕事にやりがいを感じる企業ランキング1位は大林組「スケールの大きな建設構造物を構築することにやりがいを感じる」

建設業界のホワイト度が高い企業ランキング

建設業界のホワイト度が高い企業ランキング

企業口コミサイト「キャリコネ」は10月、「建設業界の仕事にやりがいを感じる企業ランキング」を発表した。化学業界に属する企業をピックアップし、キャリコネのユーザーによる「仕事のやりがい」評価の平均値が高い順にランキングにした。【参照元:キャリコネ】

調査対象は、『日経業界地図 2018年版』(日本経済新聞出版社)の「建設」に記載があり、対象期間中に「キャリコネ」に20件以上評価が寄せられた企業。対象期間は、2015年4月~2018年3月。

1位は「大林組」で、仕事のやりがい評価は5点中3.68。2位以降、「長谷工コーポレーション」(3.55)、「竹中工務店」(3.52)、「大成建設」(3.48)、「清水建設」(3.41)と続く。

1位大林組「人々の生活を支え、より快適なものにすることができる」

1位「大林組」のやりがいについては、

「スケールの大きな建設構造物を構築していくことにやりがいを感じます。建築の場合は、商業用ビル、病院、東京スカイツリーなどの街のランドマークになるような建物を建造します。土木の場合は、山岳トンネル、橋梁、シールドトンネルなど、人々の生活に必要なインフラを建造していきます。人々の生活を支え、より快適なものにしていくんだ、という強い責任とやりがいを感じています」(電気・通信設備施工管理/20代前半男性/年収360万円/2012年度)

といった口コミが寄せられている。同社は、1892年創業の大手総合建設会社だ。2010年に登記上の本店を大阪から東京に移転する。東京スカイツリーなどを手がけ、主要ゼネコンのなかでもトップの売上高(2019年3月期連結決算)を誇っている。

建設現場での長時間労働改善を目指し、「現場の週休2日(4週8閉所)」達成に向けて注力。2017年には、週休2日を実現したトンネル建設現場が、「快適職場表彰」(日本建設業連合会)の優秀賞を受賞した。そのほか、有給休暇の一斉取得やリフレッシュ休暇制度などの各種休暇取得の奨励やノー残業デーの実施など、労働時間削減に取り組んでいる。

また、「働き方改革アクションプラン」を策定して、ICTを活用したテレワーク制度の導入や、育児・介護のための時差出勤制度の拡充などにも取り組んでいる。こうした功績が認められ、子育てサポート企業に贈られる「くるみん認定」(厚生労働省)を複数回取得。また、「女性が活躍する会社Best100」(2015年/日本経済新聞社・日経BP社)の建設・不動産業トップを獲得、「健康経営優良法人2017(ホワイト500)」にも認定されている。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

人気記事ランキング

  1. 人手不足職場のカオス 人がどんどん辞め「もうまわってる状態ではない」と悲鳴
  2. パート先のトンデモ新人に驚愕「鶏皮をやたらと持ち帰ろうとするんです。人手不足だったので上司も黙認していました」
  3. 入社4日目で退職した女性「客に出す湯呑を"洗剤を使わず洗え"。気持ち悪くなりやめました」
  4. うらやましい!各種手当が充実している会社「結婚すれば住居手当がもらえる。東京5万円、地方は2万円」
  5. 世帯年収1000~1200万円の不満「朝7時過ぎに家を出て、帰ってくるのは23時以降。税金高いのに還元がない」
  6. 尾崎豊の「盗んだバイクで走り出す」が今さら物議 「歌詞を文字通りにしか読めない人間多過ぎ」という指摘も
  7. ブラック企業のモンスター上司「俺が許可するまで結婚するな。これは命令だ」「上司が出馬し、雇用契約の更新ができない」
  8. 「スピリチュアルが苦手」に賛同相次ぐ 「結局お金儲け」「努力するのが嫌いな人が信じてる」
  9. 「社会を舐めてる人のほうが人生上手くいく」説に注目集まる「横柄なヤツのほうが上司から高評価。どうなってる」
  10. 「パソコンがない時代、どうやって仕事してた?」に反響 「庶務の女の子が沢山いた」「時刻表とタウンページで出張の準備」

アーカイブ