中小企業の6割「テレワーク許可されていない」 テレワーク中でも2割以上が「週2、3回出社」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

中小企業の6割「テレワーク許可されていない」 テレワーク中でも2割以上が「週2、3回出社」

テレワークが許可されても出社する人は多い

テレワークが許可されても出社する人は多い

Freeeは4月23日、「テレワーク」に関する調査結果を発表した。調査は4月中旬にネット上で実施し、中小企業従事者1146人から回答を得た。

「テレワークが許可されていない」(64.0%)という人は6割以上にのぼった。

テレワーク推進の有効策「ノートPCやモバイルの持ち出し、通信回線の準備」

テレワークが許可されているに、出社の頻度を聞いたところ、最多は「週に2、3回程度」(21.6%)。以降は「週に1回程度」(21.1%)、「月に2~3回程度」(17.7%)、「ほぼ毎日」(16.3%)と続いた。

テレワーク中でも出社をする理由については「取引先から送られてくる書類の確認・整理作業」(38.3%)、「請求書など取引先関係の書類の郵送業務」(22.5%)、「契約書の押印作業」(22.2%)、「社内の業務システムがオフィスからしかアクセスできない」(21.8%)などが上位を占めた。

出社しての対応が必要となる書類の1位は「契約書」で45.9%。2位は「請求書」(45.0%)、3位「経費精算の申請書」(40.2%)だった。

さらなるテレワーク推進のための有効策について聞くと、最多は「ノートPCやモバイルなどの持ち出し、および通信回線」(32.8%)だった。以降は「ファイル保管・データ共有のクラウド化」(26.5%)、「書類の電子化(ペーパーレス化)」(25.1%)など出社する理由でも挙がった書類関係が続いた。その他には、「営業販売系システムのクラウド化」などがあがった。

また、テレワークに関する課題が実際に解決できそうな時期については「見込みは立っていない」(74.2%)という人が7割を超えていた。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

人気記事ランキング

  1. パチンコ店を1時間で辞めた女性「制服がパンパンでファスナーが閉まらないのに“そのままホールに出ろ”と言われ、我慢できませんでした」
  2. 「ビルメン」の仕事は本当にラクなのか? 年収400万円ダウンでビルメンに転職した人に聞いてみた
  3. パート先のトンデモ新人に驚愕「鶏皮をやたらと持ち帰ろうとするんです。人手不足だったので上司も黙認していました」
  4. 入社4日目で退職した女性「客に出す湯呑を"洗剤を使わず洗え"。気持ち悪くなりやめました」
  5. 職場を1ヶ月で辞めた女性「生々しい下ネタを話す上司、やめてほしいと伝えると“あなたがおかしい”と言い返され…」
  6. 「毒母チェック」がツイッターで話題に 「仕事・恋人を選ぶ時に介入する」など3つ以上当てはまったら要注意!
  7. 歯医者を1日で辞めた女性「院長のスタッフいじめがキツイ。人が定着せず、いつも求人が出ています」
  8. 東京五輪は大丈夫? 「宿泊・飲食サービス業」のブラックぶりが厚労省の調査で明らかに
  9. 求人詐欺にココリコ遠藤が辛口コメント 「社会ってそういうとこ。懐を大きくして立ち向かっていかないと」
  10. 30歳を過ぎてわかったこと 「最終的には真面目な奴が勝つ」「大切なのは金よりも健康」

アーカイブ