2年間のスロット生活でマイナス300万円! 「1日9万円使うことも。借金が苦しいです」と語る20代男性

やめられない……

やめられない……

ギャンブル依存症に陥ってしまうと、どのような”地獄”を見るハメになるのだろうか。20代男性(商社系/年収350万円)のスロット歴は2年と短いが、男性はどん底を味わった。「これまでに約300万円つぎ込みました」というから、驚異的なペースでのめり込んでいったとうかがえる。男性は

「2019年の4月頃、学生時代の友人に誘われ、初めてスロットを打ちました。のめり込んだ原因は、もともとアニメが好きで、その台があったからです。それにスロットの仕組みも徐々に理解していったので。最初は友人と連れ打ちでしたが、次第に1人で行くようになりました」

と赤裸々に語る。男性は2年間のスロット生活で、どのような教訓を得たのだろうか。(文:鹿賀大資)

「好きな台の演出を見たいがために、やめられませんでした」