どういうこと? 友人にコンサートに誘われた女性 当日、知らない人と一緒に観ることに | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

どういうこと? 友人にコンサートに誘われた女性 当日、知らない人と一緒に観ることに

画像はイメージ

画像はイメージ

ランチや飲み会などの企画が得意な人がいると何かと助かる。だが、もし企画した本人が会に来なかったとしたら……。

千葉県の50代女性(医療・福祉・介護/年収100万円未満)は、企画する割にドタキャンばかりするママ友と絶縁したという体験談を明かした。(文:コティマム)

ドタキャン&勝手に人を増やす

女性が絶縁したのは「長女が小学生の時のママ友」だ。小学校卒業後も定期的な交流が続いていたという。彼女は7〜8人グループのリーダー的存在で、「彼女の発案で忘年会などを企画することも度々ありました」と振り返る。

「その都度全員のスケジュールを調整し、彼女が店の予約など全面的に仕切ります。しかし当日店に現れない。理由は『推しの芸能人のファンミーティングに行く』とかそんなことです」

自分で会を企画しておきながら、当日来ないという謎の行動をとるママ友。

「しかもその集まりに、勝手に小学校卒業時の担任の先生なども呼んでいるんです」

と他のメンバーが知らないうちに参加者が増えていたこともあったという。「このようなドタキャンは1度ではありません」と、企画からのドタキャンが何度も続いたそうだ。

コンサートが近くなってから「自分は行かない」と

しかもドタキャンするのは飲み会だけではなかった。あるとき、いきなりメールで「ユーミンのコンサートがあるから、スケジュールを空けておいて」と半年以上先の予定に誘われた。ところが

「コンサートが近くなり彼女からチケットを受け取るとき(お金はもちろん払います)、『自分は行かない』と。私の隣には彼女の友達(私は全く知らない人)が座るからと言われました」

なぜかコンサートに1人で行くことになってしまった女性。全く知らない人と初対面でコンサートというのは気まずい状況だ。

「隣に座ったその方にも気を遣い、コンサートもあまり楽しめずに終りました」

この出来事から女性は絶縁を決意。その後をこう綴った。

「彼女からの連絡や誘いも一切ブロックし、1度も言葉を交わしていません。グループの他のメンバーには事情を話し、お付き合いはやめました」

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ