「在宅勤務でも夫はTwitterやネットサーフィンしているだけ」共働き夫婦の不満 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

「在宅勤務でも夫はTwitterやネットサーフィンしているだけ」共働き夫婦の不満

イライラ

イライラ

男性が大黒柱として外で稼ぎ、女性が家事育児に専念する生活スタイルはもう昔の話で、夫婦共に働く「共働き世帯」が増えている。しかし共働きの場合、家事育児を夫婦で協力しなければ、どちらかに負担が偏ってしまう。またお互いに遅くまで働いていると、家族で過ごす時間も減ってしまう。キャリコネニュースには、

「配属部署により帰宅時間が変動して、夕食を一緒に食べられない。夫婦共に在宅勤務する際、仕事の場所を確保するのが難しい」(東京都/30代後半/男性/事務・管理/契約社員/妻・正社員/世帯年収900万円)

といった声が寄せられている。今回はキャリコネニュース読者の「共働きの不満」を紹介する。(文:コティマム)

「お互いの時間帯にズレがあるので、休日以外食事を一緒にとれない」

夫婦共に働くことで収入は多くなるが、その分家族そろっての食事は難しくなる。埼玉県でエンジニアとして働く40代男性は、妻も正社員で世帯年収は1000万円。「子どもがいるが、正社員のため決まった時間に帰りにくい。夕食の時間が、遅い時で22時を過ぎることもある」と明かす。

大阪府の50代男性(教育・保育/正社員)も、正社員の妻と共働きだ。世帯年収は600万円で「共働き自体に不満はない」と言うが、家族との時間については思うところがあるようだ。

「食事は休日以外、一緒にとれません。コミュニケーションを取る時間をもう少し増やせたらいいと思います」

共働きで忙しいと、夫婦や家族の時間が削られてしまう場合がある。仕事と私生活のバランスをとって、パートナーや家族との時間を増やしたいと考える人は多いだろう。

「どんなに疲れていようと、体調が悪くとも、自分の都合で私を使う夫」

また「共働きなのに家事の負担が不平等」という不満も寄せられている。埼玉県の40代女性は、サービス業のパート勤務。正社員の夫と共に子どもを育てており、世帯年収は500万円だ。

夫は女性が外で働くことに反対だったが、女性は子どもの教育費のために働き始めた。女性は10時から17時の7時間勤務をしており、通勤時間を含めると、午前・午後とほぼフルタイムで稼働していることになる。しかし女性は「すべての家事は私がやっています」と語る。

「旦那は一切家事を手伝わず、仕事から帰ってくるとお酒を飲み、自分の好きなことをして過ごします。私がどんなに疲れていようと、体調が悪くとも、自分の都合で私を使います。思い通りにいかないと不機嫌になります。労いの言葉などありません」

もともと女性が働くことに反対だったからだろうか。夫は女性が仕事をしているにもかかわらず、家事をやる気はないようだ。

サービス業の正社員として働く埼玉県の30代女性(世帯年収700万円)も、夫との家事負担の差に不満を募らせている。

「夫はほぼ在宅勤務ですが、別室にこもって仕事。私は半分くらい在宅勤務ですが、夫からはあまり仕事と見なされず、ほとんどの家事を負担しています。在宅で仕事をするようになってから夫はスマホを常に見ていて、Twitterやネットサーフィンしているだけ。しかもソファ独占。リビングにいられると、こちらは休みでもテレビも見られないし、ゆっくり過ごせない」

新型コロナウイルスの影響で増えた在宅勤務。夫婦ともに在宅でも、なぜか自分ばかりが家事をしている現状に、憤りを感じている妻は多い。共働きだからこそ、家事育児の分担については、お互いが納得できるよう話し合う必要がある。

※キャリコネニュースでは引き続き共働き・片働きの不満のほか部屋が汚い人、捨てられない人東京五輪、開催するべき? 中止するべき?などのアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ