年収800万円男性の「非正規の彼女と結婚できますか?」という相談に厳しい声 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

年収800万円男性の「非正規の彼女と結婚できますか?」という相談に厳しい声

悩む男性の画像

非正規はちょっと……

「結婚相手に望む条件」は人それぞれだが、女性の雇用形態を気にする男性もいる。お悩み解決掲示板に7月下旬、「非正規の彼女と結婚できますか?」というスレッドが立った。スレ主は、大手企業に勤める年収800万円の男性。付き合って8か月ほどの彼女から契約社員であることを打ち明けられ、少なからず衝撃を受けているようだ。

「四大卒でしっかりした子だったので大手で働いているとは聞いていましたが、まさか契約社員だとは思わなかったため、わざわざ正社員かどうか聞いたことはありませんでした」

と動揺している。さらに「他の大手正社員の可愛い女性を探すべきですか?」と問いかけた。(文:篠原みつき)

「嫁の収入アテにする結婚ならやめなよ」

「まさか契約社員だとは……」という言葉から、非正規雇用に良いイメージを抱いてないことがうかがえる。収入だけでなく、"大手の正社員"というステータスにもこだわっていそうだ。

スレッドの回答は、「見下した時点で別れろ。上手く行く訳ない」など、スレ主に対して厳しい意見が相次いだ。

「主さんの器がちっさ。別れてあげたら?彼女はすぐ別の男性と付き合えますよ」
「嫁の収入アテにする結婚ならやめなよ。800万程度で何を偉そうに言ってるんですか?」

女性に対して「収入」を求めることに対する反発は大きかった。中には、自分は経済力があり家事などをしてほしいので「非正規だろうが正社員だろうが関係ないね」と断言する男性も。契約社員の経験者は、非正規といっても「産休も育休もありましたよ」と、労働条件はさほど悪くないことを説いていた。

スレ主は、結婚相手の働き方にこだわっているようなので、当然「共働き前提」だろう。しかし、女性は出産で働けない時期もある。厚労省の資料(2019年)によれば、女性の非正規雇用の割合は25歳から34歳で37.0%で、35歳から44歳では51.5%に上がり、以降は増加し続ける。結婚や出産を機に正社員を辞め、パートなどの非正規になった人が多いのではないだろうか。

たとえ産休・育休を取れても、子どもの預け先を確保できなければすぐに復職できない場合もある。夫と家事育児を分担することも必要不可欠だが、スレ主の投稿からはそうした覚悟があるようには感じられない。

「何かあったときある程度助けてくれるようなタフな人がいいよね」

一方で、スレ主に共感するコメントもいくつか入っている。

「厳しいな、昔と違い共働きじゃないと生活かなり苦しいぞ!!まして契約社員なんて1年で切られるバイトと同じ扱いなので、大企業からすりゃ使い捨ての駒のようなものです」

契約社員は、期限付きの「有期雇用契約」という点が正社員と大きく違う。不安定と言われれば不安定だ。安定収入や大企業の正社員というステータスが必要なら、スレ主の希望には合っていない。

また、「きちんとフルタイムで働いてたら(契約社員でも)いいけど、時短とか週に数回みたいな仕事しかしてない人ならやめる」と、がっつり働くことを条件に挙げた人は、

「何かあったときある程度助けてくれるようなタフな人がいいよね。伴侶にはさ。お飾りみたいな嫁ならいらんでしょって女の私は思うけどね?」

とシビアな意見を寄せていた。確かに今の時代、夫が働けなくなったときのリスク管理のため、妻も家計を支え続けることは考えておくべきだろう。

ただ、スレ主の彼女がずっとフルタイムで働くつもりか、一生非正規雇用かどうかは分からない。これから正社員登用や転職、資格取得で高収入になる可能性だってゼロではないだろう。スレ主はそうした可能性には目を向けず、「正社員で可愛い女性」に意識が向いた時点で、既に答えが出ているのではないだろうか。【参照元 お悩み解決掲示板:https://onayamifree.com】

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ