「その女はデート代を要求してきました」夫の不倫が発覚して地獄を経験した女性 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

「その女はデート代を要求してきました」夫の不倫が発覚して地獄を経験した女性

不倫なんてしてないと思ってたのに…

不倫なんてしてないと思ってたのに…

自分が知らない間にパートナーが不倫していたら、事実を知った時のショックは計り知れない。キャリコネニュースには、夫の不倫に6年間気づかなかったという50代女性から、悲痛な思いが寄せられている。(文:コティマム)

※キャリコネニュースでは「不倫した・された経験談」を募集しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/TX9IZBNW

「気がつかなかった私は情けないやら」

女性の夫は単身赴任中に赴任先で不倫を始めていた。

「6年間全く気がつく事もなく、最初の2年は単身赴任先で(不倫相手と)半同棲。私が行く時だけ家にいるから、部屋がとても綺麗だけど、綺麗好きな主人だから『住んでないみたいに綺麗だね』といつも言ってました」

単身赴任が終わった夫は、その後も不倫を続けていた。

「単身赴任から戻り、泊まりゴルフ、泊まり旅行、昼間のラブホ。私は仕事三昧、孫の面倒と忙しく、とうとう体を壊し入院。入院中も変わらず不倫する主人の行動が私のメールに届き、それでもいたずらだと信じてなくて、本当に100%不倫なんてしてないと思ってたら、(夫の)顔色が変わり自白しました」

夫のことを信じていた女性にとって、不倫の自白は衝撃的だったことだろう。

「そこからが地獄の日々。気がつかなかった私は情けないやら、『あの時も?あの時も?』と答え合わせしていき、女にも電話して3人で会いました。私は離婚したかったけど、主人はするつもりないというので、今は様子みてます。ATMというだけのお金もないし、私は未だに昼夜働いてます」

不倫していた分、せめて金銭面で楽させてくれるならまだしも、女性は仕事を続けている。

「今は本人公認でGPS付けてます」

離婚するつもりはなかった夫だが、不倫の内容は女性を未だに苦しめている。

「不倫中はその女が全部お金を払ってデートしてたので、全く気がつくはずもなく。その女はデート代を要求してきました。主人の子どもを身篭り堕したことも発覚。もう精神的にやられましたねー」

不倫相手の中絶まで明らかになっては、心穏やかではいられないだろう。女性はこう綴っている。

「ネットを見れば私よりひどい人状況の人もいるけど。今は本人公認でGPS付けてますが、『する時はするからなー』とチクチク責めながら、日々葛藤してます」

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ