家族の緊急事態で休んだら「お前にとって仕事はそんなモノか。ふざけるな!」 ブラック企業体験 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

家族の緊急事態で休んだら「お前にとって仕事はそんなモノか。ふざけるな!」 ブラック企業体験

ふざけるな!と怒鳴られた

ふざけるな!と怒鳴られた

いまだに根深く存在するブラック企業。キャリコネニュースには読者からさまざまなブラック企業体験談が寄せられている。(文:コティマム)

※キャリコネニュースではブラック企業体験談を募集しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/HQI6E1OV

「タイムカード押す時間が指定され、それ以降は残業代がつかない」

高知県の40代男性(サービス・販売・外食系/年収200万円)は、劣悪な労働環境に不満を抱いている。

「週休2日なのに1日は有給を使われる。正月休みも有給を使われる。タイムカードを押す時間を指定されて、それ以前それ以降は残業代がつかない。残業しないように言ってくる。現場の状況を把握しない。知ってて残業させてる」

サービス残業が横行し、定められた休日も有給扱いにしてしまう会社。また職場には休みづらい雰囲気が蔓延していた。

「家族の救急で休んだら(ちゃんと電話連絡済み)、『店が開けられない。お前にとって仕事はそんなモノか。ふざけるな』と怒鳴られる」

家族の命より仕事を優先しろという無茶な叱責だ。さらにこの1週間後、男性は仕事が原因で入院が必要になってしまったが、会社は「労災を使ってくれなかった」という。

「仕事が原因で手術をして2か月休まないといけないのを知ってて、『休みが長いから今後の事をゆっくり考えときなさい』(と言われた)」

仕事が原因のケガや病気は「労災・職業病」として労災保険が適用される。ただ、労災の申請は本人がしなくてはならないため、会社の承認や助けが得られないとそのまま諦めてしまう人もいるだろう。

ほとんど休ませず働かせた上に長期入院に追い込み、退職勧奨とも受け取れる扱いをするのだから、つくづくタチの悪いブラック企業だ。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ