世帯年収1500~2000万円の生活感「タワマンではなく立地の良い低層マンションに住みたい」「車は月1でカーシェア利用」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

世帯年収1500~2000万円の生活感「タワマンではなく立地の良い低層マンションに住みたい」「車は月1でカーシェア利用」

「タワマンは費用対効果を考えると身の丈に合わない」という

「タワマンは費用対効果を考えると身の丈に合わない」という

昨今は年収1000万円でも「生活がキツイ」と感じる人が少なくない時代だが、年収1500万円以上の世帯ではどうなのか。夫婦2人で暮らす愛媛県の50代女性は世帯年収1700万円。キャリコネニュースに

「車は用途に合わせ4台所有。片道500キロまでの旅行ならマイカーで。遠方はフェリーを利用し、時間に余裕がない時は飛行機や新幹線を利用します。新幹線に個室がなくなったのは不満です」

といった声を寄せている。また都内在住の40代男性も次のように書いている。

「総合職で働く妻と2人暮らし。戸建ての持ち家に住んでいるが、車は所有していない。コストコで買い物をするために、カーシェアを月1ペースで利用。余裕はないけど苦しくもない感じ」(金融・保険系/世帯年収1600万円)

今回は年収1500~2000万円世帯の投稿を紹介する。(文:鹿賀大資)

「プレゼントと食事代を合わせて10~20万円ほどかけています」

IT・通信系企業で働く20代女性は、世帯年収1700万円。都内に夫婦2人で暮らしており「外食やスーパーでは、そこまで値段を気にすることはありません」と書いている。また夫婦の記念日やお互いの誕生日などのイベントでは「プレゼントと食事代を合わせて10~20万円ほどかけています」と明かす。羽振りの良い生活に見えるが「立地の良い低層マンションに住みたい」と本音ももらしている。

兵庫県の40代女性は、夫婦と子ども2人の4人家族。世帯年収は1600万円で、自身はメーカーに勤務している。子どもの習い事について「1人に付き4つずつ。ピアノ・体操・サッカー・ダンス・学習塾など」と並べる。また、

「外食はしても、高級店には入りません。ファミリー向けのお店ばかりなので、支払いも気になりませんね。ネットで欲しいものを見かけると、躊躇なく買っていますが」

とのことだ。

「決してタワマンが買えないわけではない」

神奈川県の30代男性は、IT・通信系の企業で働いている。妻と子ども1人の3人家族で、世帯年収は1600万円だ。現在の収入について「基本的には満足している」といい、生活状況を明かす。

「外食で躊躇することはない。ファストフード店から少し高めの店まで、その時の気分と食欲で選択している。買い物も、欲しいものや必要なものは一通り買える。旅行は1~2か月に1回程度。主に近場の温泉旅館だが、時間が取れれば遠出もしている」

そう語る男性だが「必要のない高額な出費は避けるようにしている」という。具体例として「ブランド品や宝飾品類、タワマン、外車、1泊3万円を超えるような高級旅館およびホテルなど」と列挙。その理由について

「決してタワマンが買えないわけではない。しかし、費用対効果を考えると身の丈には合わないと感じる。これは個人の価値観によるので、良し悪しではない」

とコメントしている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」【アンケート】オタ活で貧乏な人に関するアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収1000万超の暮らし「レクサスは現金で一括購入」
年収800万円でも“子ども部屋おじさん”の40代男性
年収300万円の50代独身女性の叫び「政治家は底辺の生活を知らない」

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ