霊感持ちライターが選ぶ読者の心霊投稿「入るのが怖くてたまらない”奥の部屋”」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

霊感持ちライターが選ぶ読者の心霊投稿「入るのが怖くてたまらない”奥の部屋”」

「"奥の部屋"の襖を閉めても閉めてもスッと開く」

「"奥の部屋"の襖を閉めても閉めてもスッと開く」

霊感家系に生まれ、物心ついた頃からさまざまな心霊体験をしてきた。父と私の心霊体験については度々綴っているが、キャリコネニュース読者からも、「幽霊を見たことがある」という声が続々と寄せられている。

「幽霊なのか、霊をたまに見る事があった。自宅への帰り道、近所の家に黒い煙が入って行った。翌日、その家の方が亡くなった。『黒い煙が入った家は翌日誰かが亡くなる』という事が3度あった」(50代女性)
「幼稚園の時に女の人がいつも立っていて、様子が変なので家族に聞いても『そんな人はいない』と言われた事がありました。私の息子、私の妹、妹の子も幼稚園時代に霊を見て、なぜか大きくなるとそのような経験は無くなりました」(50代女性)

同じような経験をしている人が意外にもたくさんいて、「わかるわかる!」と思いながら目を通した。今回は寄せられた読者の体験談の中から、筆者が特に共感し、ゾッとしたものを紹介する。(文:コティマム)

【みんなの心霊特集】最新記事はこちらから

妻と行った海外旅行先のホテル「どうしてもシャワールームが嫌」

「ニューカレドニアに旅行をした時に、自身も嫁もどうしてもシャワールームが嫌でルームチェンジをお願いしたが、満室で変更できなかった。シャワーを浴びる時は扉を開けて話しながら入った。夜寝ている時にシャワールームの扉が開閉する音がして、シャワーが出たり止まったりしていた」(50代男性)

こちらの50代男性は、海外旅行中に宿泊したホテルのシャワールームが「どーしても嫌」だったという。なんと男性だけでなく、妻も同じように感じていた。

この「どうしても嫌」という感覚、非常によくわかる。肌を刺すような空気で、とにかく「ここに居てはいけない」と本能が訴えかけてくる感じ。二人揃ってもルームチェンジをお願いするほどだったので、相当おぞましい空気が漂っていたに違いない。

筆者も「ここはどうしても無理だ」と思う場所にどうしても滞在しなければいけなかったことが数回あった。そういう時は無駄に大きな声で関係ない話をしたり、鼻歌を歌ったりして気を紛らわす。

得体の知れない「何か」に付け入る隙を与えないよう、ずっと動き続けたり喋り続けたりするのだ。基本的にそういう場所はすぐに離れた方がいいのだが、今回の男性のように逃げられない場合もある。

男性が扉を開けて妻と話しながらシャワーを浴びたのは正解だったと思う。とにかく「意識を向けないこと」が重要だ。

20年経った今でも夢に見る「"奥の部屋"の襖を閉めても閉めてもスッと開く」

次に紹介するのは、60代女性の体験談。女性はいくつか体験談を書いてくれていたのだが、その中でも筆者が「怖い」と感じたものを紹介する。20年前、女性が子ども達と住んでいたアパートの話。住んでいた部屋には、女性も子ども達も入るのをためらう「奥の部屋」があったという。

「当時住んでいたアパートでは、何度も何度も怖い思いをさせられました。私はもちろん、2人の子どもは私より怖い思いをしたみたいです。"奥の部屋"は6畳で、洗濯物を干すため必ず通らなくてはなりませんでした。でも入るのが怖くて怖くて、夜は干さないようにしてました。仕方なく部屋に入る時は覚悟を決めて、とにかく滞在時間を短くしていました」

これも先ほどのシャワールームの「どーしても嫌」と同じの「どうしても入りたくない部屋」だ。住んでいる場所にこういう空間があると、さぞかし大変だっただろう。「滞在時間を短く」というのは、女性達が本能的にとっていた行動だろう。

その部屋にいる得体の知れない「何か」に遠慮して、気づかれないように本能が防御していたのだと思う。ちなみに筆者は"本当に怖いもの"の話を聞いたりすると、その光景が見えることがあるのだが、この投稿を読んだ時は鳥肌が立って真っ暗な「奥の部屋」が見えた。

【関連記事】“霊感持ち”親子が部屋探しをしてみた結果

「そのアパートには10年居ましたが、恐怖体験が沢山ありました。違う場所に住んでいる今でもトラウマなのか、2人の子ども達は『またそのアパートに住んでいて、真っ暗な"奥の部屋"の襖を閉めても閉めてもスッと開く』という夢をずっと何回も見続けているようです」

女性は「あり得ないと思うのですが、2人共に同じ夢だそうで。そのアパート絶対おかしいと思います。未だに在りますが、その部屋は数年誰も借りてないようです」と綴る。

20年経った今でも夢に出てくるとは、お子さん達は相当恐ろしい体験をしたのだろう。このアパートでの恐怖体験は他にもたくさんあるとのことなので、ぜひ他の体験談も投稿して頂きたい。

今回紹介した体験談は、シャワールームや奥の部屋にハッキリと"何か"を見た訳ではない。ただ、「この空間にいるのがどうしても嫌だ」と拒絶したくなる恐怖は、霊感のある人なら共感できるのではないだろうか。ショッキングな体験談を求めている人には物足りないかもしれないが。

みなさんも「ここに居たくない」と思う場所に行ってしまったら、可能な限り逃げることをオススメする。

※キャリコネニュースでは引き続き「幽霊はいると思いますか?」「持ち家は必要だと思いますか?」に関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ