最も「信頼できる」メディアは?――1位テレビ、2位ネット、3位新聞という結果に | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

最も「信頼できる」メディアは?――1位テレビ、2位ネット、3位新聞という結果に

ジャストシステムは4月12日、『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2018年3月度)の結果を発表した。「春」をきっかけとしたSNS利用の変化について聞いたところ、およそ3割の人が何らかの形で「SNSの利用を見直し」をしていると回答していた。(文:okei)

 

調査はインターネットで 2018年3月29日~4月3日に実施。15歳~69歳(均等数)の男女1100人の回答を分析した。

若者は男性の方がSNSのつながり整理する傾向

Facebook、Twitter、LINE、InstagramのいずれかのSNSを利用している人のうち、この春、「利用している SNSの一部を整理した(利用を停止した)」と回答した人は、全体で9.1%。年代別で割合が高いのは10代で、男性29.5%、女性は18.4%だった。

「つながっている個人アカウントを整理(解除、ブロック)した」のは10.2%で、これも男性の10代(27.3%)、20代(22%)の割合が高い。一方、女性は10代(26.5%)、20代(9.5%)で差が開いた。他の世代は9~5%台で、50~60代女性だけは1%台だった。

やはり、若い世代のほうがマメにSNS上のつながりを整理することが多いようだ。ちなみに「最も多く整理(解除やブロック)したSNS」のトップは「LINE」(47.3%)で、卒業がきっかけになると考えられる。その中で、女性より男性のほうが整理する傾向が強いことが分かり、興味深い。

「SNSそのものの利用をやめた」人も1%おり、全体で25.1%の人が、何らかの形でSNSの利用を見直していた。「つながっている企業アカウントを整理(解除、ブロック)した」(10.4%)、「つながっているタレントなどのアカウントを整理した」(7.8%)という結果もある。

若者の「テレビ離れ」はウソだった?

また、様々なメディアが多くのコンテンツを配信する中、「最も信頼できるコンテンツ」を配信していると思うメディアを聞くと、

1位:「テレビ」(22.2%)
2位:「インターネット」(21.5%)
3位:「新聞」(20.7%)

という結果だった。「あてはまるものはない」と答えた人も27.4%いた。

テレビを支持している層を細かく見ると、最も高いのは10代女性で46%とダントツ。女性は20~60代が全て20~25%と大きな違いは見られなかった。一方、男性でも10代(34%)が最も高く、50~60代(25%)、20代(19%)、30代(15%)、40代(13%)と続いた。どちらかというと、30~40代の支持が低い。

「若者のテレビ離れ」などと聞くことがあるが、まだまだテレビの影響力は大きいようだ。ただ、どれもわずかな差ではある。10代男子の14%は、最も信頼できると思うのが「SNS」だった。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

人気記事ランキング

  1. 「女性が結婚相手に望む年収400万円」が男女双方で話題に「みんな現実が見えてきたのかな」「日本は貧しくなった」
  2. カメは自分の約24倍の重さを運べる! 小学生がカメと作り上げた自由研究のクオリティが高すぎる
  3. 高収入女性は婚活に不利?「稼ぎをあてにしたダメンズが寄ってきそう」「今時女性の高収入はアピールポイント」
  4. 「豊胸した胸をライトで光らせる」テレビ番組の内容「真似しないで」と東京美容外科 「乳がん治療でもシリコン使う。十分配慮を」
  5. 10代の4割「学校の性教育は役立たず」 「避妊は必要ない」と考える理由1位は「大丈夫だと思うから」
  6. 「3年間は妊娠しないと誓約書を書かされた」 女性医師の6割超が「性別による不当な扱い」経験
  7. 陶芸家が"マナー講師撲滅用とっくり"を販売 「注ぎ口を使わないのがマナー」へのアンチテーゼ「注ぎ口は善意で付けている」
  8. 「鈴木部長は(スズ)じゃないと失礼」 日立独自の「表記ルール」が面白いと話題に
  9. 廃棄食品の横流しもたらす「大量廃棄」はなぜ起きる? 識者は「小売が強すぎてメーカーが過剰在庫抱える」と指摘
  10. 仕事と子育ての両立、最も難しいのは神奈川県? 一方で女性管理職割合が最も高いのは高知県

アーカイブ